2006年8月 8日 (火)

陶芸教室

6日の日曜日は楽しい陶芸教室の日でした。

今回は抹茶茶碗。
そういえばこんな私も高校のときは茶道部!気合十分で行ってきました。

先生から分けられた土をいくつかに分けて、まずは底になる部分をまあるく作って・・・。
そこから残りの土を6本、紐にしてドーナツ状に積み上げていきます。
底の部分と一本目をつなげて、その上に2本目、3本目・・と6本まで積み上げます。
こうして言葉にすると簡単なんですが、積み上げるたびにつなぎ目をきれいにして厚みを均等にして、形を整えていく作業はけっこう単調なのに神経使って・・・。
3本目くらいで飽きてきてしまいました(先生、ゴメンネm(_)m)
そもそも、こうして陶芸を始めたのは無の境地になれる!と思ったから。
それなのに無の境地に3本目にして飽きてしまう私って一体・・・。
そんな事思いながら積み上げる事6本目、それなりの形に出来上がってます。
そこに先生が来てチョット手を入れてくれました。
不思議なことに私が苦労して格闘した土が、先生の手が入るとあれよあれよという間にお行儀よく形が整っていくんです。
オイオイあんた達、私にはそんなに素直に反応してくれないじゃん(TT)と土に向かって思いながらも先生の指示どうりに形を整え、何とか抹茶茶碗の形になりました。
先生が言うには、飲み口のところは自然な峰のようなカーブが5つできるのが理想だそうで、それを5峰というのだそうです。
最初は20峰はあるんじゃないか!?というでこぼこの私のお茶碗でしたが、ここは無の境地で、ひたすら自然っぽく5峰に整えました。
そして、終了。
周りの生徒さんの作品をチラリと見ながら、心の中で“私のが一番ステキかもぉ~”なんて自己満足に浸っている私・・・。きっとみんなそれぞれ同じこと思ってるんだろうな^0^

来週は最初に作った作品が素焼きを終えて色付けだそうです。
とっても楽しみ~。
この場で御披露できる日も近いかも。

無の境地の継続という大きな課題を残して、私の楽しい陶芸教室はまだまだ続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月31日 (月)

たまには“助産師”らしく

おはようございます。

東海地方は梅雨明けだというのに、お天気いまひとつです。
昨日の夜は涼しくて寝るのも楽でした。
寝際におとめチャンといもチャンが、ママのトコで寝る~と来ましたが、却下!
だって、夏休み一日中ベ~~~ッタリなんだもん。
寝る時くらい一人にしてほしいですぅ。ひどい母かなぁ。
でも、2人が眠くなるまで一緒に本読んだりしてすごしました。

今日の助産院は診察の予約もなく何もすることがありません。
こんな時は入院のお部屋をきれいにしたり、入院時にお出しする食事やおやつの研究してみたり・・・。
アハハ・・ただのお掃除とお料理です。

助産院では、できるだけ手作りのものを出したいのでお味噌や梅干、パンやおやつのケーキなんかもこういうヒマなときに作ったりしてます。子供達はその試食をさせられてます。
おやつを作ってあげるね~なんて言いながら、実は試食。
子供達も最近はそのことに気付いたらしく
「ママ、これじゃあ人にはだせないね。まだまだ頑張んなきゃ」
なんて、批評も厳しいです(T T)

私の小さな助産院は、私と出産される方のやりたいことを叶える、そんな場所です。
私の小さな宝物であり、秘密の場所であり、楽園です。
ここで産む人にもそう思ってもらえる場所だといいなと思ってます。

たまには助産師らしくお産があったよ~なんて報告をはやくしたいですよ。

実は、今たまには助産師らしく私のお産に対する熱~い想いを書き込んでいたんですが、操作ミスで消えてしまいましたぁ(;;)
一時間くらいかけて考えながら打ち込んでいたので、もう再度打ち込む気力がありませ~ん。
また、気力が戻ったら、私のお産に対する想いをガッツリと書く予定です。
是非是非読んでくださいね~。

そうそう、昨日の陶芸教室はやっぱりお皿でした。
結構上手にできて、先生にも筋がいいなんて言われて有頂天です。
色付けして焼きあがるまでまだまだ先ですが、楽しみです。
写真、載せられるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月30日 (日)

夏休み

世の中夏休み真っ盛りです。
我が家の2人も朝起きて学校に行く代わりに助産院にやってきます。
今も渋々夏休みの勉強を始めました。
しかし、渋々始めた二人のうちワガママいもチャンは、どうもテンションが上がらずついに私の不快指数が急上昇!
ダメってわかってるんですが、怒ってしまいました。
今、やっと真面目に勉強しだしたいもチャンと、いもチャンの勉強の面倒を見ながら自分の勉強をしている家庭教師のような、おとめチャン・・・。
いつもママは思ってます。

よくこの母にして、こんなに素直な子たちに育ってくれてるなぁ・・とね。
怒った事、反省です・・シュン(;;)

その母といえば、8月はお産の予約はなく、神様が夏休みをくれたの・・なんて優雅なことを言っていられるわけでもなく、ハ~~~ッとため息をつきつつ、いつまでこの仕事やってられるんだろうなんて悲観的なことばかり考えてます。
そんな時にナイスなタイミングで慰めてくれるおとめチャンも今は勉強中。声をかけるわけにもいきません。

でもね、一ついいことがあるんです。
もうすぐ陶芸教室に行く時間なんです。

7月から9月までちょうどぽっかり空いてしまった時間を埋めるために始めた陶芸に今ハマってます。
今日はきっとお皿を作るはず(先生、先週お皿って言ってたのに行ったらコーヒーカップだったーー;)
いつかは助産院で出す食事の器を自分の作ったもので・・なんて、夢は広がります。
でも、その前にお産の予約が増えないと廃業の危機だよぉーーー

私のとこは(ってゆうか助産院はほとんどかな)フリースタイルによる自然分娩です。
なので、自然分娩が出来る人しかお産ができません。
前のお産が帝王切開だったり、強い妊娠中毒症だったり、健康に不安のある方はお受けできないのです。
開業したての助産院の世間的な認知度の低さもありますが、健康な体に健康な妊娠・・これが結構難しかったりします。
みなさん、体は大切にしましょうね。
そして、女のお子さんを持たれているお母さんにお願いです。
あまり便利なものに慣れさせすぎずに育ててください。
小さい頃からあまり歩くことをしないと骨盤がまあるく育たずお産の時に大変です。
私も含め、ついつい車にたよりがちな生活をちょっとだけ変えてみる事から健康を考えていきませんか?

気楽なつぶやきのつもりがなんだか説教クサくなってきてしまいましたね。
ここらでやめときましょう。

また、陶芸教室の報告しま~す。
そうそう、良かったら私の助産院のHP見てみてください。

URL   http://www4.tokai.or.jp/osika-baby/ です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

はじめましてです。

はじめまして。さんばちゃんです。

静岡市で助産院っていってお産するトコやってます。

あまりメジャーじゃないですから結構時間あったりして、お母さんしながら時々産婆さんしてるって感じでのんびり仕事してます。

ブログはずっと興味あったんですよね。

自分の日常を人に伝えるって、そしてそれに反応があるなんてステキ!!ってね。

産婆(あっ、正式には助産師です。でもこの言葉が好きでして・・・)してる私の日常と中学3年と小学校4年の娘達とのことなんかを少しずつ言葉にしていこうかなと思ってます。

ちょうど今、ここで以前出産されたWさんが遊びに来てくれました。

ここで生まれたおチビちゃんももう一歳を過ぎてりっぱなお子様です。かわいくてかわいくて、見ていて幸せになります。

自分の子達もかわいかったんですけどね。

なんなんでしょうね。自分がお産に関わらせていただいた子は格別です。おばあちゃんの気持ちなのかなあ(ちなみに私まだ39歳です^^;)

Wさんも自然体で子育てして、いつのまにか初産の娘さんからお母さんの表情に・・・。こんな、人生の中の大事な時期にお付き合いできたことが、とてもうれしくて“人の縁”ってものにジンワリとした幸せを感じてしまいます。本当にいい仕事です。

さて、今日は静岡の安部花こと安倍川花火大会です。

中3の娘(おとめチャン)にせがまれて昨日美容院を予約してあげたから連れてかなくちゃ。まだまだ中3なのに生意気だっつーの・・と心で思いながらも、予約ついでに自分のカットもちゃっかり昨日済ませてしまいました。

小4の娘(いもチャン)は大好きなゲームに夢中。花火を見に行く?って誘ったら思いっきり嫌な顔して「人がいっぱいいるからイヤだ」とのこと。人混みの苦手な母の遺伝子です。おとめチャンは友達と花火を見て“青春してくる”のだそうな・・・。あなたを産む少し前、ママもそんな青春があったよな~と、ついワカカリシ頃を思い出した母でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)