« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月 1日 (水)

頑張らない育児

みなさんこんにちは。

今日は頑張らないについて書きます。

育児指導してると、抱っこしてないと泣き止まない赤ちゃんの悩みを聞くこともあります。
原因は色々です。
授乳すぐはお腹いっぱい過ぎて気持ち悪くて寝かされたくない。
おっぱいをたくさん飲めなくて、眠りが浅い。
環境のせい・・・etc

共通することは、赤ちゃんはママの抱っこが大好きで、ママに抱っこされると落ち着くということ。だから抱っこしてほしいんです。
だから、ホントは抱き癖とか気にしないで、赤ちゃんが望むだけ抱っこしてあげてほしいです。

でも、現実は、赤ちゃんを一日中抱っこしていたら家事もできないし自分のこともままなりません。

昔は、そういう赤ちゃんは同居しているおばあちゃんが見てくれたり、近所のおばちゃんがちょっと抱っこしていてくれたり、お金持ちはお手伝いの「ねえや」がずーっとおんぶして子守したりしてたんだと思います。

今は違います。
ほとんどのママは一人で(夜や休日はパパの助けをかりながら)、抱っこしてないと泣き止まない赤ちゃんを見つめ、自分も泣きたくなってしまいます。
赤ちゃんはそんなママの不安な気持ちに敏感に反応して、余計に泣きやすくなります。しまいには、抱っこしても泣き止まない状態。

私は、できれば抱き癖なんて気にしないで抱っこして育ててほしいです。
けど、それでママが追い詰められるなら・・・

いっそのこと、抱き癖を付けないように育てるのも一つの方法かと思います。

お腹いっぱいで気持ち悪くなる子は、寝かせる姿勢の工夫で。
ちょっとおっぱいが足りない子は、時にはミルクに助けてもらって。
眠りが浅い子は、ママに抱っこされてるような環境を作ってみる。
ただただ泣いて泣いてママも泣けちゃうのなら・・・しばらく離れてみる(一時保育を利用したりご両親を頼ったり)。ちょっと残念だけど、赤ちゃんはそのうちに成長します。一緒にいる時はギュっと抱きしめてあげましょう。
ママが育児ノイローゼぎみなら仕方ないことです。
少しママが休むのも一つの方法です。

頑張るのも愛情なのかもしれませんが、頑張り過ぎて愛を感じられなくなるのなら、頑張らないで、自分の心に余裕を持って、たくさん愛してあげた方がいいんじゃないかな?って思うのです。

頑張らない育児、頑張る育児、どちらも応援したいです。

| | コメント (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »