« 妊娠と仕事 | トップページ

2017年9月 9日 (土)

祖父母と孫

みなさんこんにちは。

先日、イモちゃんが運転免許を取得しました。
彼女がずっと取りたがってた運転免許。
私はまだ必要ないって思ってましたが、ばぁばちゃんが、孫の中で免許持ってないのはイモちゃんだけだからかわいそうだから取らせてあげてと、救いの手をイモちゃんに差し伸べるかたちで、この夏めでたく免許取得となりました。

我が家の子供達はばぁばちゃんが大好きです。
いつも味方してくれて、赤ちゃんの時から付かず離れずの距離で見守ってくれています。

最近は、助産師会で孫育ての話題が出ます。
祖父母と孫の関わり方や距離感を教えましょうという書籍や、孫育て教室なるものもあります。

確かに、そういうものを必要としている人達はいます。
祖父母側だけではなく、パパママ側も孫を祖父母に預ける際の心得なんかも'誰かに教えられる'カタチです。

そんなこと、人に教えられるまでもなく、当たり前の家族の交流なのに、今はマニュアルがないと不安になる人が多いです。

ひと昔前のように、歳を取った後の楽しみが孫の相手をするというだけでなくなり、元気な祖父母世代は趣味や旅行をゆっくりと楽しみたいのです。
また、高齢妊娠の方ですと祖父母もそれなりのお年なので、元気の塊のような幼児のお世話は、心身ともにかなり疲れてしまうのかもしれません。
私位の年齢になると、その気持ちがよーくわかります。

ただし、まだまだ子育て中の記憶は鮮明なので、仕事や場合によってはリフレッシュの為に、少しだけでも安心して子供を託せる祖父母の存在がママさん達にとってどれだけ助かるかということもよーくわかります。

特に最近はワンオペ育児などと言われるように、核家族の中でほぼ1人で子育てをしなくてはならないママさんのことも問題提起されています。
そういえば、昨日赤ちゃん計測にいらしたママさんが、久しぶりに大人と人間らしい会話をしたーって言っていました。
朝はバタバタとロクな会話もせずに夫を送り出し、家事をしてバブバブ言うだけの子供と一日中向き合い、子供の体調が悪かったので外出もできず、夜遅く帰ってきた夫とゆっくり会話をする間も無く寝てしまう毎日。
どうにかなっちゃいそう!と話す彼女。
赤ちゃんを抱えるほとんどのママ達が味わう孤独。

そんな時期、自分や夫の親や地域の子育て支援施設に上手にSOSを出せたら・・そしてそのSOSを上手に受け止めてもらえたら・・、子育てはもっともっと楽しくなると思うのです。

SOSを発信する方も受け止める側も、柔らかい心で、あまり難しく考えずに一緒に子供を育てていけるといいなと思います。
育児方針の違いなんて、些細なことです。
色々な考え方に子供を触れさせることは、多様な価値観をもった人間に育てるチャンスでもあります。

私の育児は、そういう意味では、シングルでの子育てでしたが、決してワンオペ育児ではありませんでした。
時には保育園の先生方に、時には私の両親に、時にはママ友家族に支えられ、子供達はオトナになりました。
私も、いつかはママになった娘達のSOSをちゃんと受け止められるばぁばになりたいです。
私の母のように付かず離れずの距離で見守りたいです。

そういえばオトメちゃん。
最近、お付き合いしてる人がいます。半年くらい経つかなぁ。
まだ、私は彼に直接お会いしたことはありません。
母親としては、どんな方かお話してみたい気持ちはあるんですが・・・
付かず離れずの距離感、難しいです。笑

|

« 妊娠と仕事 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 妊娠と仕事 | トップページ