« お知らせとお詫び | トップページ | 悩める彼女 »

2017年4月20日 (木)

つながる

みなさんこんにちは。

マキココさんご心配おかけしました。
まだ、完全に以前連絡し合ってた方との復旧は済んでませんが、LINEやらメールやらでボチボチ復活し始めました。

今回のことで、便利さの裏にある不便さを改めて思い知らされました。
完全にリセットされた携帯の画面を見た時、ショックでした。
入れてたアプリがない。連絡先に誰も入ってない。写真も何も残ってない。などなど、まるで突然ご近所さんがゴッソリいなくなって、世界に私だけポツリと置いてきぼりになったような・・・。
かなり大袈裟ですが、そんな感じのショックです。

人って、やっぱり、人に支えられて生きてるんだね。
金八先生かっ!
って気分です。

人に支えられてって言えば、先日'お産ラボ'さんというグループのメンバーが助産院見学にいらして下さいました。
色んな産み場所があるってことをもっと多くの人に知ってもらうために、各地の助産院や産院の紹介をしていきたいということでした。

その時に、おしか助産院で出産された方にお話を聞くって時間があって、お産を一文字に表現したら?ということで、一字書いた紙を見せながら話をするのですが、3人が3人共「楽」でした!
もちろん、お産は痛いだろうし大変な時間を乗り越えるんですが、後から思った時に、楽しかったな〜・楽だったな〜って思ってもらえてたことが、とっても嬉しかったです。
私は、お産がみんなの記憶の中で輝いてる時間であってほしいといつも思っています。
楽しくて、嬉しくて、何度でも懐かしく思い出す時間がお産の時間であってほしいです。

みなさんは、自分のお産を一文字で表すとしたら、何でしょう。

ちなみに、私にとってお産は?

「生」でした。

生命が始まる時から見守ってきて、「生」まれ落ちる瞬間にその場にいられる。
そして、何よりも母子には「生」きててもらわなくてはなりません。
そういお産に自分の人「生」をささげ、お産=人生だと言える「生」き方をしています。
私にとって、お産は自分の人生そのものです。



|

« お知らせとお詫び | トップページ | 悩める彼女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お知らせとお詫び | トップページ | 悩める彼女 »