« 椎の木のように。 | トップページ | アマガエル助産師です。 »

2017年2月27日 (月)

涙腺ゆるんでます

みなさんこんばんは。

今日はちょっとウルウルしちゃったことをお話します。

先日、土曜日からのお産が日曜日になっても進まず、色々な判断のもと済生会にお願いすることになりました。
今回も済生会での出産に立ち会わせていただき、無事に赤ちゃんが産まれるのをお母さんのそばで見守ることができました。

済生会から帰ってきたのは日曜日の早朝でした。
そしたらイモちゃんから今から帰るねメール。大学が春休みなので、バイトを3日お休みもらい帰ることにしたとのこと。
朝、駅にイモちゃんを迎えに行き賑やかに過ごしました。
そして夕方。
さすがに徹夜明けなので、レンタルのDVDを観ながら私はウトウト
(( _ _ ))..zzzZZ
すると、オトメちゃんとイモちゃんが買い物に出かけちゃいました。
私は本格的に夢の中へ。

しばらくすると2人が帰ってきて・・

ハッピーバースデーの歌と共に、ケーキとケンタッキーのチキンを用意してくれました。 2月21日の私の誕生日を少し遅れてお祝いしてくれたのです。

それを見た途端、まるで子供みたいにポロポロ涙が出てきてしまいました。

そのサプライズが嬉しかったのは当然ですが、助産院でできなかったお産のことがずっと心のどこかに引っかかっていたんです。
もっと私に力があれば良かった?私に技術があれば転院は必要なかった?転院の判断は早すぎた?転院が決まった時の妊婦さんの寂しそうな様子、済生会の分娩室でか細い声で帰っちゃうんですかと聞いた妊婦さんの様子、手を握って励まして一緒に誕生を見守った時間。出来事を何度も何度も反芻し、もしかしたら・・助産院でも・・イヤイヤ絶対に転院は正解だったハズと、心の中で堂々巡り。
甘い判断や感傷的な診断は、絶対に許されないんです。
済生会での出産だったから、無事に産ぶ声を聞けたんです。
そんなことわかりきっているのに、いつまでも心の中はくすぶり続け、そんな自分が嫌で嫌でたまらなくて。
でも、そんな私を母と呼び喜ばせてくれる娘達の存在が嬉しくてそして助産師の先輩としては情けなくて、色々な感情がごちゃ混ぜになった涙でした。

そして今日、産後のママさんのところへ面会に行きました。
私を見て嬉しそうに微笑んでくれたママさんの笑顔を見て、私は不覚にもまたまた涙が溢れてきました。
ヤバイ!涙腺ゆるんでる。

この笑顔を見ることができて良かった。
助産院だろうが病院の中だろうが、私はこの笑顔を見る為にお産をやっているんです。
いつもお産の時に思うのです。苦しそうな妊婦さんの顔を見ながら、私はこの顔を数時間後に笑顔にできるのか?悲しみに沈んだ顔にしてしまうのか?
選択肢は笑顔にする!のみなんです。
その為に自分にできることをするだけ。

だから、彼女の笑顔を見てやっと私は今回の転院を自分に納得させられたし自分を許すことができました。

歳のせいなのか何なのか、すごく涙もろくなってる気がします(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
これからも喜びの涙はたくさんたくさん流していきたいですし、たくさん見たいです!^_^


|

« 椎の木のように。 | トップページ | アマガエル助産師です。 »

コメント

おたんじょうびおめでとうございます。
同じ日、救急車にてM助産院に行き、「ここの玄関は、担架入らないわよ!」と、一喝されつつ担架は入り、無事出産したタロも15歳になりました。産婆ちゃんの涙腺ゆるゆる話、読んで泣いてます。お産が特技であり、趣味である私。じん。お産婆さんが、どんな気持ちでお産に臨んでくださっているか、こんなに、素敵に言語化してくださる、産婆ちゃんが益々大好きになりました。これからも、楽しみにしてます。この、場所を…

投稿: じん | 2017年2月28日 (火) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 椎の木のように。 | トップページ | アマガエル助産師です。 »