« AIロボット! | トップページ | 安産で締めくくり(^^) »

2016年11月29日 (火)

予防接種

みなさんこんにちは。

今日、急遽思いついてインフルエンザの予防接種をしてきました。

この時期が来る度に予防接種するくせに、毎年、今年こそはインフルエンザの予防接種はしないでおこうって思うんです。
なぜならもう20年近く、高熱で寝込むようなインフルエンザらしき風邪にかかったこともなく、しかも開業前は予防接種すらしてなかったのです。
なので、自分はインフルエンザにかからないはず!っていう漠然とした自信がこの時期にはあるんです。

では、なぜ毎年そう思いながらもやっぱり予防接種をするのかというと、何だかんだ言ってもインフルエンザは怖いのです。

自分がインフルエンザにかかって、診察やお産が出来なくなるのも困るし、ましてや大事な妊婦さんや赤ちゃんにとって感染源になってしまったらアウトです。

それに、毎年この時期になるとテレビでインフルエンザについて報道するでしょ。
特に今年は、予防接種しないとまるで罪人のような・・っていうのは大袈裟ですが、アナウンサー達が自分はしましたけどあなたは?なんて聞きあってたりして、まだ予防接種してないアナウンサーは、すぐにでも行きます!みたいに答えてるんです。
そんなのを見てれば、私みたいに感化されやすい⁈おばさんは影響されてしまいます。
テレビ、恐るべし!です。

予防接種については、インフルエンザや赤ちゃんの受けるもの全てにおいて色々な考え方があります。
やってはいけない!危険だ!という考え方もあります。
そういう考え方に対しては、それは偏った考え方だ!というのが一般社会の見方だと思います。
一方、予防接種をやるべき!やらないなんて愚の骨頂!育児放棄だ!という意見には、あまり公には反論できない風潮があります。

私は、どちらの意見も大事な意見だと思っています。
例えば、絶対に感染しないよう充分な対策ができ、なおかつ感染した場合に自分自身が誰かの感染源にならないように責任をもって行動できるのなら、予防接種をしないという選択もありなのかもしれません。
予防接種はしません。咳が出てもマスクもせずスーパーに行きバスに乗り、仕事も学校も多少ムリしても休みません。では、あまりにも無責任です。

本当に予防接種が社会にとって必要ならば、今のインフルエンザの予防接種に対するテレビのように、もっともっと噛み砕いて丁寧に社会に向けて説明するべきだと思います。

今日テレビで聞いた医師の言葉は、本当にドキリとさせられました。
「インフルエンザにかからないから予防接種はいらないと言ってる方の中には、軽い風邪だと思ってやりすごしているだけの人もいます。全員が高熱がでるとは限りません。本人にとってはなんてことのない症状でも他人への感染力はありますので、その方から感染した誰かが重症化するかもしれません。」
もしかしたら、自分から感染した誰かの命に関わるかもしれない感染症。
それを充分自覚した上で、自分がどうすべきかを考えなくてはならないなぁと感じました。

|

« AIロボット! | トップページ | 安産で締めくくり(^^) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AIロボット! | トップページ | 安産で締めくくり(^^) »