« 2016年1月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年2月25日 (木)

頑張れ静岡市!

みなさんこんにちは。

先日、イモちゃんから久しぶりにLINEがきました。
アンコールワットや現地の小学校で楽しくボランティアしてるみたいです。





彼女なりに色々なこと吸収して帰ってくるんだろうな。
もうすぐ帰国です。
土曜日には診察終わったら会いに行く予定です(^^)

ところで、今日は静岡市のこと少し考えたいと思います。

先日、おしか助産院で出産された方がもうすぐ1才になるチビちゃんの赤ちゃん健診に来られました。
その方は今回が2人目のお子さんで、働くママさんです。
今は育休中。1才になったら復職の予定でした。
しかし、まさかの保育園に入れない!
入れたとしても上のお子さんと別々の園になる可能性が大きいそうです。
フルタイムでの復職の予定なのに!です。
仕方なく育休を延長せざるをえませんでした。
そして、その方がため息を漏らしながら「本当は子供は3人欲しいけど、産んだ後の保育園探しがこんなに大変なら仕事続けたい私には3人は難しいかも」とおっしゃいました。

世の中、女性の活用だの育児と仕事の両立だのと言い、また少子化を憂う声もあちこちから聞きます。
そして、静岡市は政令指定都市の中で人口は最低。人口流出も多く、定住してくれる若い家族を必要としています。
それなのに、足元をみればこんなお粗末な有り様です。
待機児童の問題は昨日今日言われたものではなく、しばらく前からずっと言われ続けているにもかかわらずです。

ローカルなニュースで、静岡市の市役所の職員の会議の様子が流されれば、そこに映る幹部職員のほとんどが男性です。
静岡市の女性職員は会議には参加できないのでしょうか?それとも、静岡市には男性と肩を並べて発言できる女性職員がいないのでしょうか?
防災にしても教育にしても保育にしても、男性目線で物事を決め男性目線で実行していくのは、どうかと思います。
子育てをしながら働いている女性だからこその意見が入り込む余地はなさそうです。

静岡市は、本当にいい街です。
駅近には様々なデパートがあり、そこそこ夜に楽しめる繁華街もあり、郊外にも買い物できる場所もたくさんあります。
自然は山も川も海も楽しめ、少し足を伸ばせば富士山があり熱海があり西へも東へも東海道線で出かけられます。
そうそう、静岡空港だってちょっと車を走らせればあるんです。
静岡の人は、穏やかで優しくて保守的なとこもあるけど排他的ではなくて、地域には比較的溶け込みやすいと思います。
総合病院も6つもあり、県立こども病院もあります。
何もかもが平均的で、刺激的な日常はないけれど普通の日常が穏やかに流れています。

こんなに素敵な街なのに人口が増えない理由、男性だけで考えて本当に答えが出るのでしょうか?

出生率が低いのは、産みたくないんじゃなくて産んでも育て辛いからなんじゃないでしょうか?

もっと真剣に危機感を持って、産みたいママの声に耳を傾けサポートしなくちゃ、静岡の・日本の・人口は減少するばかりだと思うのです。

男性も女性も、年配の方も若者も、同じ割合で意見を出し合い政策を決めてゆくべきなんじゃないんでしょうか?

静岡市!もっと頑張れ!しっかりしろ!と思うのです。

| | コメント (0)

2016年2月16日 (火)

成長しないという成長⁈

みなさんこんにちは(^^)

マキココさん、コメントありがとね〜。
イモちゃんは、ベトナムでのホームステイや交流事業を楽しんでいるみたい。
今の子供達は、海外からリアルタイムでLINEしてくるから、あまり遠く離れた気がしません。
でも、あまりに毎日フォー食べたとかチェー飲んだとか写メしてくるから、そんなことよりその国の課題を考えてもっと心で感じなさい!とLINEお休み宣言しました。

今回は、前回の予告通りオトメちゃんのことてす。

オトメちゃん、もうすぐ社会人になって1年が経ちます。
今のところ、無遅刻無欠勤で(と言ってもいつもギリギリに家出てますが💦)それなりに職場にも馴染んで毎日を楽しんでます。
そんな彼女、本当はアパートで一人暮らしさせる予定でした。
しかし、病院が見えるとこに実家があるのにアパート借りるなんてお金がもったいないしということで実家暮らしになりました。
やっと子育て終わって1人になれると思った私には想定外のことでしたが、自分のことは自分でするから!との約束でオトメちゃんとの生活がスタートしたのです。

自分のことは自分で・・・この言葉を信じて。

いやぁ〜、わかっちゃいたけど見事に裏切られました。
お洗濯、やりません。お食事、作りません。お掃除、やりません。
日勤の日は、お腹空いたぁーって帰ってきてパクパク食べてワンコと遊んでストーブの前で寝ちゃいます。
夜勤の日は、昼頃にお腹空いたぁーって起きてきてあるもの食べてワンコと遊んで4時に病院行くまでまた寝てます。
明けの日は、疲れたぁーって帰ってきてボーっと過ごしてます。
休みの日は、自分磨きやらお友達と遊ぶやらで忙しくおウチのことまで手が回りません。
おまけに、何をするのも私と一緒がいいみたい。お食事もお買い物も。

まぁ、想定内ではありましたが。

私のハイヒールをはいて喜んでた小さな娘。妹ができて嬉しくてニッコリ笑って写真に写ってた小さな娘。
私の仕事が終わるまで、ワンコに話しかけながら1人でお留守番していた寂しがりやの小さな娘。
お勉強は苦手でも、天真爛漫で笑いを振りまいてくれた小さな娘。
それが、今はそのまま全く変わらず私と暮らす大きな娘になりました。

でも、最近思うんです。
これって、オトメちゃんなりの親孝行なんじゃないかな?って。
いつも変わらずに私のソバにいてくれて、私を笑わせてくれて、ワンコを買ってきて私が寂しくないようにしてくれてる。
いつかお嫁に行っちゃうから、今を目一杯甘えて、変に大人ぶることなく素直な子供の頃のまま、1日1日を笑って過ごさせてくれている。
いつか、今のこの日々が私にとって大切な宝物になるように、キラキラした宝石のような毎日をプレゼントしてくれている。
私にとっては、彼女が意識するしないに関わらずこんな素敵な親孝行は他にはないって思うんです。

万年子供みたいなオトメちゃんも、私の手から離れて大人びてくイモちゃんも、私の大切な大切な宝物です。
2人を産んで良かったな。2人に出逢えて良かったな。
心からそう思います。

育児って、長〜い先が見えないトンネルみたいに思う時期もあるんですが、焦らずに真っ直ぐ進めばいつかトンネルの先に素敵な景色が広がるはずです。
その景色が、海なのか山なのかはトンネルの中にいる時にはわかりません。
大切なのは、トンネルを突き進むこととその先に広がる世界をありのままに楽しめる心だと思うのです。

| | コメント (0)

2016年2月13日 (土)

子供達の成長

みなさんこんにちは。
お久しぶりです。

おしか助産院の2月は、1日2日3日とお産が続きそして昨日も可愛いベビーが産まれ、賑やかです(^^)
いつもこんなだと嬉しいです。

今日は、我が家のニ女のイモちゃんのことを少し書きます。

イモちゃんは今大学の看護学科の1年生です。
海外好きな私に似たのかテレビの影響か、海外に出たい子でした。
小さい頃から旅行でアメリカやバリに連れていったり、中学や高校の交流事業で中国に行ったり、修学旅行でシンガポールに行ったり、今思えば彼女にとって外国はそれほどハードルが高くないのかもしれません。

そんなイモちゃんは、実は高校での進路を決める時に世界ふしぎ発見のミステリーハンターになりたいとか、豪華客船のクルーになって世界を飛び回りたいとか言ってました。

けど、私はそんな夢を見るような仕事は現実的ではないと思ってました。
もっと地に足をつけた仕事をしてほしかったのです。
結局イモちゃんは看護の道に進み、今、大学生活をとても楽しんでます。

そんなイモちゃんですが、やはり外国で何かをしたいという想いは持ち続けているようで、自分で調べてこの春休み中に海外ボランティアに行くことになりました。
ボランティアと言っても青年の交流がメインの事業への参加なのですが、明後日からカンボジアとベトナムに行きます。
自分で探して自分で申し込んで、アルバイトした中からお金出して、支度も1人でして・・・。

もちろんその都度相談はしてくれて、ちゃんとした団体か私も調べたりして、夏休みにはその団体が主催する日本での交流事業にも参加したりしてのことです。

私が手を貸さなきゃ何もしなかった娘、小さい時は人見知りが強くて私から離れなかった娘、家のトイレ以外でのオシッコを泣いて嫌がった娘。潔癖過ぎてちょっとでも汚い食事のお店には入らなかった娘。
いつまでも、私の中ではそのままの小さなワガママ娘だったのに、いつの間にかちゃんと自分の道を歩き始めているんだなぁって、チョッピリ感動です。

まだまだ困ったちゃんの時も多いイモちゃんですが、きっとこのボランティアから帰ってきたらまた少し大人に近づいているんだろうな。

でも、私はそんなイモちゃんに気付かずに(気付かないふりして)今まで通り世話を焼いてうるさがられそうです。

子供達が本当にコドモの時には、早くオトナになりなさいなんて思ってたけど、いざオトナになっていく姿をみると、もう少しコドモでいてもいいんだよなんて思っちゃう。

私って、勝手な親ですね(^_^;)

そういえば・・・我が家の長女のオトメちゃんは万年コドモのままでした・・・(ーー;)
その話はまた次回。

| | コメント (1)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年4月 »