« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月24日 (火)

安産て・・

みなさんこんにちは。

コウメさん、お久しぶり(*^^*)
最近おチビ達共々お顔を見てないので、さみしかったですよ。

前回の文中の‘以前浴室で出産された方’って、まさしくコウメさんです。

あの時も、楽しく幸せな時間だったね。
その時も‘伝説のお産’てお題でブログに書いてました。読み返したら懐かしくなりました^ ^

コウメさんの時のお産があったから、今の助産院はお産のお部屋と浴室を扉1枚でつなげてます。まさしく、今回のお産は新しくした助産院の機能を思っていた通りに活用できたお産でした。

ところで、今日はオトメちゃんのことを書きますね。

今、助産師になる為に頑張ってるオトメちゃん。最近病院での分娩実習が始まりました。
初めて赤ちゃんも取り上げることができて、実習が楽しくて仕方ないみたいです。
電話の向こうの声がキラキラしてます。
もちろん、楽な実習じゃないです。
休日返上でオンコール待機だったり夜中までの実習でまた翌日も朝から夜中までだったり、その合間にドッサリ記録物を書き込まなきゃだったり。
私も経験した道ですが、本当にハードな毎日です。
ハードだけれど、充実した実りの多い毎日です。
私は、オトメちゃんが助産師を目指してくれてしかもそれが楽しくて仕方ないって言葉も嬉しいのですが、彼女の人生の中にこんな忙しくて1日が24時間じゃ足りないような充実した毎日があるってことが、そしてそんな状態を彼女が楽しんでいることが、嬉しいです。

そんなオトメちゃんが、2例目の分娩介助を予定してケアしていた妊婦さんが、帝王切開になったと話してくれました。
すごくすごく妊婦さんも頑張ったけど、自然分娩では赤ちゃんは出なかったようです。
手術室で、元気な産声を聞いてオトメちゃんウルウルしてしまったみたいです。
お産の結果は帝王切開でしたが、母子共に無事にお産が終了して良かったって言ってました。

私、オトメちゃんにいいました。

そのママさんと赤ちゃんにとっては、それが安産なんだよ。
安産てね、楽をして産むことじゃないと思う。
安心して安全に産むことなんだよ。
そのママさんは、なかなか赤ちゃんが産まれない陣痛の間はすごく苦しかったと思うし、辛かったと思うけど、病院のスタッフやあなたが付き添ってケアして、精一杯のことをして、最終的な分娩方法の一つとして帝王切開が選ばれたんだよね。
そして、母子が安全な状態で手術が行われた。
だから、安産なんだよ。

オトメちゃん‘そっかー、そうなんだ’って聞いてくれました。

いつか、助産師になって自分の判断でお産を扱うようになった時。
今私と交わす会話が彼女の心に甦ってくれるといいな。私の言葉の深いとこにある意味を彼女なりに感じてくれるといいな。
なんて、思います。

そして、おしか助産院で私とみなさんでする安心して安全な安産を、いつかオトメちゃんも受け継いでくれるといいなと思います。
それは、おしか助産院を受け継ぐって意味ではなく、その精神を受け継いでオトメちゃんがオトメちゃんの関わる妊婦さん達と安心で安全な安産をしてほしいなってことなんです。

母親だけど、それよりも先輩助産師としてオトメちゃんに伝えたいことが私にはたくさんあります。
これから少しづつ伝えていけたら嬉しいです。

| | コメント (3)

2014年6月20日 (金)

ある日の朝食






みなさんこんにちは。

マキココさん匿名ママさんひー君ママさんコメントありがとね。

こうしてみなさんからのコメントを読んでると、私は助産師としてっていうよりもむしろ先輩ママとしてみなさんと関わって、しかもちょっとお産なんかできちゃったりする・・みたいな存在でありたいなって思います。

ところで、世の中はワールドカップで盛り上がってますね。
私はあんまりサッカーとか野球とかに興味が薄いので、今一つピンとこないです。

それよりも、5月の間ずっとお産が無くて淋しかったんですが、6月にポンポンとお産が続き、とても充実した日々を過ごしてます。

どちらの方も初産の時からのお付き合いの妊婦さん。
付き合いも長いので、まるで懐かしい友人や親戚みたいな感覚です。

今回はそのうちの一人のお産のお話です。

その妊婦さんは、一人目の出産の時は時間もかかり体力も使い果たし、私も彼女もご主人もご家族も持てる力全てを出し切ってお産をしました。
なので、今回もみんなで覚悟をしてお産に臨みました。
ところが、陣痛が来て入院したのですがなかなか本格的に痛みが現れません。
冗談を言って笑ってられる時間がしばらく続きました。
夜でしたので、このままじゃ体力を消耗して陣痛が遠のいてしまうかもって思いました。
なので、一晩寝かせてリラックスによる陣痛促進を図ろうと思いました。
少し休ませること2時間。
体力が復活してまた陣痛が強くなりはじめました。
時間は真夜中です。
お母さんの身体は準備できたのに、赤ちゃんがなかなか下がってきません。
朝までかかるかなー?そしたらお母さんの体力が持たないかなぁ?と考え、体を温めリラックスして分娩進行を促進させるために、湯船に浸かることにしました。
浴槽にラベンダーの精油を垂らし、お母さんがチャポ〜ンと浸かります。
眠さと疲れの為か少しボンヤリしてます。
私は洗い場からお母さんの体が冷えないように肩にお湯をかけて様子を見ていました。
30分ほど経った頃、お母さんに変化がありました。
いきみたくなってきたのです。
私は水中分娩を推進はしてないので、お母さんに湯船から出ましょうと言ったのですが、お母さんはあっと言う間に動ける状態ではなくなりました。
そんな時は、お風呂場がお産場所です。
お母さんがそこから3回位いきんだらもう赤ちゃんの頭が出てきました。
以前浴室で出産された方もそうだったのですが、赤ちゃんが出る頃になると、お母さんは自然と立ち上がります。
なので、赤ちゃんはお湯の中に出るわけじゃなく、私もお湯を抜いた浴槽に入りいつも通りに無事赤ちゃんを取り上げました。

それまで何時間も下がってくれなかった赤ちゃんが、あれよあれよという間に出てきたのです。

産まれたばかりの我が子を自分もまた産まれた時と同じ姿のまましっかりと胸に抱くお母さんの姿は、達成感と安堵と喜びに満ち、本当に素晴らしい光景でした。

残念なことには、いつもならそんなお母さんやご家族や赤ちゃんの姿をカメラで撮るのですが、あまりにも急な展開に、写真を撮る間もなかったです。

こんなに頑張ってくれるお母さん達に私ができるのは、この後からの快適な入院生活を提供することです。

今日の写メは、別の方の入院時にお出しした物ですが、流行りの⁈フレンチトーストを朝食にしたものです。
前日にフレンチトースト用のパンを焼くところから始めて、時間をかけて焼き上げました(*^^*)
こんなお食事に癒されてくれることを願って、毎回の食事を大事にしたいなって思います。

| | コメント (1)

2014年6月15日 (日)

ダメママでゴメン




みなさんこんにちは。

行き詰まりlanlanさん、お久しぶり。

私なんてどん詰まりだよ。
今日はね、一昨日イモちゃんと大喧嘩してね、鬱かっ⁈てくらい落ち込んでね。

で、昨日は仕事以外は何も手につかずイモちゃんとも会話せずずっと殻に閉じこもってました。
で、今日も本当は殻に閉じこもりたかったんだけど、母親としてこれでは良くないって思って。でも実際は‘母親’を続けることに疲れちゃったんだけど・・ね。

だから、ポツリポツリと会話を始めて最後はココスのパンケーキにメッセージを書いてイモちゃんに渡しました。

扱いにくい分かりにくいママだけど・・

ダメママでゴメン。

親子だから、こんな方法でも仲直りできちゃうんです。

あっ、ちなみにこのパンケーキは父の日用の特別メニューでした。
パンケーキにお絵かきチョコがついてるの(*^^*)
うちは、父の日は無いから‘父親役もこなしてる母’の日だね 笑

| | コメント (2)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »