« ごあいさつ | トップページ | 伝統行事のように。 »

2014年1月25日 (土)

姉妹・兄弟

みなさんこんにちは。

今日は、子供達にとってどんな姉妹兄弟関係がいいのかな?ってことを考えてみたいと思います。

ちょっと前のことですが、100円ショップでこんな光景を目にしました。
学校3~4年くらいのお姉ちゃんと1年生くらいの妹ちゃん、それに少し離れてお母さんがお買いものしてました。
お姉ちゃんは、自分の買いたいものをカゴに入れながら妹ちゃんの面倒をみています。
そのお姉ちゃんなんですが、妹ちゃんのお買い物にすごい命令口調でダメだしします。
「そんなの買っちゃだめでしょ!置いてきなさい!」「なにやってるの!グズグズしない!」「あっちのアレ持ってきなさい!」・・・アレアレ?こんな口調どっかで聞いたことあるかも。
案の定、時々お母さんが子供達に発する言葉もほとんどが命令口調です。
妹ちゃんは、何も言わずに黙って命令に従ってます。
私、ふとこのままでいいのかな?と心配になりました。
だって、妹ちゃんには妹ちゃんなりの買いたいものがあるのにそれを認めてもらえず、お姉ちゃんの命令にショボンとして従ってるだけなのです。
何も言わずです。すごくつまらなそうにです。
考えすぎかもしれないけど、このままじゃこの妹ちゃんは自分で判断できない子になっちゃうんじゃなうかな?
いつも誰かに指示されないと動けない子になっちゃうんじゃないかな?

子供に命令して思いのままにさせるのは楽です。
時にはそういうことも必要です。
けど、日常の中ですべてがそうであると子供は自分から考えるということをしなくなってしまいます。
子供の理屈聞いてたら面倒だし手間もかかるけど、小さなことでも・・小さなことだからこそ・・その子の気持ちを聞いてあげてほしいなって思います。
そうした上でダメならダメって言ってあげれば、子供は次の選択の時にお母さんが言ったダメの意味を活かすことができます。
けど、わけもわからずにダメ!が続けば子供は選んだそのものがダメなのではなく、自分が選ぶこと自体がダメなのだと思ってしまい自分で選ぶことをしなくなります。

そういう日常の中の大切な一コマ一コマを、兄弟姉妹に任せてしまうのってどうなんでしょうか。
私は、兄弟姉妹は多ければ多いほど家族の中で小さな社会ができあがるから子供にとっては幸せなことだと思いますし、上の子が下の子の面倒を見るのはとてもいい経験だと思います。
しかし、そこには総監督としてお母さんのしっかりした心配りがなくてはなりません。
お姉ちゃんは決して小さなお母さんではなく、お兄ちゃんは決して小さなお父さんではありません。
子供達が子供達らしく関係しあい、その中で年長者を尊敬したり年少者をかわいがったりすることを学んでいくのが兄弟姉妹の関係だと思うのです。
お父さん・お母さんの役割は、ちゃんと大人が果たしてください。
大人の代わりに上の子が下の子を管理したり怒鳴りつけたりしている姿は、私にはお母さんがお家で上の子を管理したり怒鳴りつけたりしている姿と重なって見えます。
小さなお姉ちゃんにとっては、ママの行動をそのままマネしてるだけなんです。
妹ちゃんの成長にとって、どう接するべきかなんてもちろん考えずに、お母さんにいつも怒られ怒鳴られていることを妹ちゃんにコピーしてるだけなんです。
そんな姉妹関係は、少し、悲しいです。

もし、自分の子供達がそんな風だったら、まずはお姉ちゃんお兄ちゃんに対する自分の接し方を客観的に見つめなおしてみましょう。
子供の目線になって一緒に考えてあげてますか?
面倒でも、子供なりの理屈を聞いてあげてますか?
ママはいつでもあなたの味方だよって、声に出して伝えてますか?
時にはギュっと抱きしめてますか?
そして、姉妹兄弟仲良くしている時にそれを喜んであげてますか?

自分が自分の子供だったらママとしての自分に何を期待するかな?
そんなこと考えて子育てすると、違った方向からの発見があるかもしれませんよ。

|

« ごあいさつ | トップページ | 伝統行事のように。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ごあいさつ | トップページ | 伝統行事のように。 »