« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月19日 (木)

お母さんとして。

みなさんこんにちは。

最近、ブログさぼり気味~なア・タ・シ。
言い訳はいっぱいあるんです(汗)
でも、入院される方々やおしかOBさん達に“ブログの更新楽しみにしてま~~す”って言われると、とっても嬉しくて嬉しくてニヤけながらパソコンの前に座っちゃうんです。

で、今も座っているわけですがお題が思い浮かばずウ~~~ンウ~~~ンと唸ってます。

でも、よくよく考えたら“お題”とか考えているからブログの更新が進まないんですよね。
もともとは日々の徒然を、母親とか助産師とか女性とか・・いろんな視点から私なりに考えていることをみなさんに知ってもらおうと思って始めたことなので、あんまりかまえない方がいいんですよね。

今日は、お母さんとしてのお話します。

前回のブログでもお伝えしましたように、オトメちゃんがいよいよ助産師の道に進みます。
今、助産師になるためには結構狭き門なので、母親ながらオトメちゃん頑張ったなって思います。
そんなオトメちゃんですが、以前お掃除していたらオトメちゃんのイロイロなものが入っている箱から高校のときの数学のテストが見つかりました。
それが、な・な・なんと3点!Σ( ̄ロ ̄lll)
確かに高校生のオトメちゃんはオバカちゃんでした。
でも、まさか一桁のテストがあるなんて・・・。
しかもドラえもんののび太やサザエさんのカツオ並み(;ω;)
隠したテスト見つけてコラーッなんて、マンガの世界の中だけと思ってたのに。
まぁ今さら怒ることでもないので、今はイモちゃんにことあるごとに
「過去には我が家に3点っていうテストを持ち帰った人もいるからねえ~。そうなりたくなければ頑張りなさい!」ってハッパかけてます。
そうするとオトメちゃんよりちょっとだけできのいいイモちゃん
「3点なんてどうしたら取れるかなぁ。わかんなぁい。」と笑ってます。
もちろんオトメちゃん公認の会話です。
そして、イモちゃんは助産師目指してるオトメちゃんが大好きでオシャレも聞く音楽も進む道もオトメちゃんに憧れてるんです。
そんな憧れのおねぇちゃんが完璧じゃなかったことがうれしいんだと思います。

我が家は比較的イロイロな物事を笑いにしてしまいます。
子供たちに母親として伝えることは、とにかく自分が大人になってやりがいあると思える仕事に就いて自立していくこと。そのためには、学校の勉強ができればそれで良しではなく、自分の進みたい道がどこにあるのか進むために何をすべきか考え、そのために学校の勉強が必要なら頑張ろうよという考え方です。人は、自分の道をみつければ必ず伸びます。
お勉強なんて、それからだって遅くはないんです。

ただし、頑張れる力・自分の道を見つける力・人とコミュニケーションをとる力・・など小さい時から家庭で人として社会で生き抜いていく力をつけておくことが必要です。
お勉強は学校や塾に任せても、人としての土台作りはお父さんお母さんがやっていくしかないんです。

では、その土台作りってどうすればいいんでしょう。

その話は次にします。

育児って、楽しいけど難しい・・・

| | コメント (1)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »