« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月 9日 (月)

じぃじ・ばぁばの気持ち

みなさんこんにちは。
たくさんのコメントありがとうございます。

父が他界して続けてお産があり、最近やっと一息つける状態になりました。
正直な話、お産や入院があれば父のことをしんみり思いだしているヒマもなく毎日が過ぎていき、気がつけば何だか遠い日の出来事のように父の死や葬儀を思い出しています。

きっと、私がクヨクヨしていてもいいことないゾ!って父が言っているんだと思います。
ありがたいことだな。

父は私や孫達を本当に愛してくれました。
愛は手に取ることも目でみることもできません。
しかし心に焼き付いています。
だから、私にとって触れることのできる存在としての父がいなくなっても、常に近くにいてくれてる・・むしろ今まで以上に近くにいてくれてるような気持ちです。
だから、寂しさとか悲しさとかは葬儀の時だけで今は何も変わらなかったような気分です。

最近ね、親世代の、子供やそのまた子供(孫)に対する愛情の深さを今まで以上に感じ共感できるようになってきました。
特に、じぃじ・ばぁばの気持ちがわかるような気がします。

じぃじ・ばぁばは、孫達の成長を何年見られるのでしょうか?
私達“親”は否応なしに子供達が大人になり親になっていく姿を責任持って見守っていきます。
しかし、じぃじ・ばぁばは産まれたばかりのかわいいかわいい孫の成長を生きがいとし楽しみにしているにも関わらず、途中でお別れしなくちゃならないのです。

赤ちゃんて、かわいいですよね。
他人が見てもかわいい。
自分の子だったらなおさら。そして、かわいがって苦労して育てた子が産んだ(又は息子の遺伝子を持った)孫はもうきっとかわいくてかわいくてしかたないんじゃないでしょうか?

私なんて、まだカレシもいないオトメちゃんやイモちゃんがいつか産むであろう赤ちゃんのことを考えただけでメロメロです。
かわいい子供服やおしゃれな玩具をみつけては、オトメちゃんやイモちゃんが赤ちゃん産んだら買ってあげたい!って妄想してます。
そして、もうこれ以上はないってほど可愛がっちゃうと思うのです。大甘なばぁちゃんになると思います。
だって、今はオトメちゃんの大学での勉強や将来・イモちゃんの進路等々考えてあげなきゃならないことがいっぱいの中、私も悩みながらいっぱいいっぱいになって子育てしてるけど、孫は基本的にはその子の親が悩んでくれるから私は応援してればいいだけなんですもん。
かわいいだろうなぁ~愛しいだろうなぁ~♡
そう思える根底にはオトメちゃんイモちゃんへの愛情があるから。

そう、孫をかわいがってくれるってことは自分の親の自分への愛情そのものなんです。
そして、夫の親の息子への愛情そのものなんです。
大人になった子供に親としてできることは限られてくるけど、娘が・お嫁さんが・産んでくれた孫は自分の体の老いを感じ人生のゴールに向かって歩き始めた親世代にとって、最期に愛情を思いっきり注げる相手なんじゃないでしょうか?

そういうじぃじ・ばぁばの気持ちに近づいてきた私って・・・そろそろ「子育てママ達と同じ気持ちで子育てしてま~~~す!ルンルン」なんて言ってる年じゃなくなってきてるってことだよね(汗)

これからは子育ての先輩としてみなさんにアドバイスでき、そしてばぁば予備軍としてじぃじ・ばぁばにアドバイスできる助産師目指して頑張ります!

最期に、ここまでの話題と全く関係ないけどちょっとだけ移転の予定をお教えします。
もうすぐ着工です。移転は10月下旬~11月上旬です。
残念なことに今年は10月と11月のお産の予約がすっぽり無しです(涙)
10月中旬までと11月中旬からは引っ越しでご迷惑かけることはないと思います。
また、10月の中旬以降11月中旬までのお産で、新しい助産院に入院したかったのに引っ越しが間に合わなかった・・!という方には、一か月健診の頃に無料で新しい助産院に一泊体験入院してもらうってのもいいかな?なんて考えてます。
もし、助産院でのお産を考えてる方でおしか助産院は10月や11月はお休みなんじゃないかしら?大丈夫???なんて思ってる方がいたら、是非是非一度ご連絡下さいね。

~最近私がハマってるもの~
Cimg8234お皿の絵付けです。
お皿を選んで好きな特殊なシールを張って焼きつけてもらいます。
助産院で使う食器は順次私の手作りにしていく予定です。
小さくゴールドで“y”の印があります。
新しい助産院のお部屋のナンバープレートも作りました。
お楽しみに。





| | コメント (2)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »