« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月16日 (火)

育児が辛いお母さんへ

みなさんこんにちは。

お久ぶりです。
先日コウメさんが無事出産されて元気に退院されました。

お産は、少し最後が時間かかっちゃったけど最初のお産に比べれば分娩所要時間も短くお産後も体は楽だったと思いますよ。
入院中も楽しい女子トークで愉しませていただきました。

彼女が退院された後2組のお産が続けてありちょっと最近ヘロヘロしてました。
“年”かな?ちょっと前までは徹夜なんて平気だったんだけど・・。

ところで“待つお産”へのコメントで、子どもに手を上げてしまう自分が情けないと言っていたお母さん。
読んでドキッとしました。

私もずっとそんな想いの中で子育てしてきました。
子どもを叩いてしまう自分・怒鳴りつけてしまう自分・自分のイライラをぶつけてしまう自分・・・。
過去の育児を振り返れば、いつもそこには孤独で情けない自分がいました。

育児なんて誰も教えてくれず、お母さんが子育てするのが当たり前で、でも子どもなんて相手するのは初めてで、わからないことだらけでした。
私の時間も物もお金も、当然のように私から持って行ってしまう子ども達・・・。
自分が自分でいられないことへの不満や睡眠不足が、イライラを増長させます。
大人になって社会の中でこんなにも私をイライラさせる相手はいなかったハズです。
なぜなら、私は今まで他人の大人としか接していませんでしたから。

でもね、私は比較的早くに気がつきました。

今私を困らせているのは、まぎれもない私の子ども達なんだって。
私の子どもだからどんくさいのは当たり前だしガンコも当然。
浪費癖だってあるだろうし、嫌なこと後回しにしてしまう(例えば夏休みの宿題を毎年最終日に徹夜して仕上げたり・・・)のも反省はしても治らない。
欲しいものは絶対手に入れないと気が済まないし、そのくせ気まぐれで飽きやすい。
でも、私に似て投げ出すことをしなかったり、愛想が良かったり、優しいとこあったり、食べ物の好みが似ていたり・・・かわいいとこあるんです。

だから、私はできる限りかわいいとこを見てかわいいとこを伸ばすことに決めました。
だってその方が自分が苦しまなくてすむじゃないですか。
イライラするのは自分の心です。苦しむのは自分です。
子どもがコップ割っちゃったら、割れちゃった!イラ!って思うのか新しいコップ買えるねラッキーッて思えるのか。
もちろん瞬間は割れちゃった!でイラっとするでしょうが、すぐに気持ちを入れ替えるんです。いい方にいい方に・・ね。

イライラするのが止まらない・・・じゃなくてイライラしない自分にしなくちゃなんです。

人間ですからイラつくこともあるし時には爆発してしまうこともあります。
でも、あきらめるんです。
自分のやり方を押し通そうとしても子どもには通じません。
子どもには子どものやり方や考え方があるんです。
そのほとんどは、お母さんに自分を見てほしかったり、お母さんに頑張ったとこやいいとこ見せたかったりして失敗しちゃったり・・なんですけどね。
お母さんって、そういうことがだんだんわかっていかなくちゃなんです。
そして自分の考えを子どもに理解させることを諦めて、子どもがなぜ自分を困らせるのかを理解するように努力するんです。
理解に苦しむならそれを言葉で伝えます。
悲しいなら悲しいと言います。
小さな子どもに親の感情を理解いろというのは無理でしょう。
でも、子どもの感情を一生懸命理解しようとする親の姿を見て育った子どもは、必ず親を理解しようとする子どもになります。人を理解しようとする大人になります。

今、一瞬の子どもと向き合うんじゃなくって、もっと大きくなった子どもの姿に思いを馳せて下さい。
自分が安心して付き合えるのは、理屈や力で親に対抗する子どもですか?親を理解しようと心をよせる子どもですか?

今の自分と子どもの力関係が逆転する時・・・自分はどんな子だったら付き合いやすいですか?

それはまさしく今の自分が子どもにしていることが全て返ってくることなんです。

自分自身に言い聞かせるんです。
「この子はとってもかわいい。とっても大事。だって私が頑張って産んだ子だもん」て。
そして、子どもに「ありがとう」を言って下さい。
何に対して?
何でもいいんです。生きてることに、産まれてくれたことに、ご飯食べてくれたことに、おバカなことで笑わせてくれたことに、そこにいてくれることに、そしてママを“ママ”と呼んでくれることに・・・。

子どもはママが大好きです。
だからこそママに自分を・・自分だけを見ていてほしいんです。

いつからだってかまいません。
自分を情けないって思えるなら、情けなくない自分になりましょうよ。
私もかなり頑張りました。
自分の感情は自分でコントロールできます。
子どもはほめられて伸びてゆきます。
子どもが伸びていくのは自分の頑張りの成果です。
頑張りましょうよ。
ウソの笑顔も100回笑えば本当の笑顔になります。
むりやり見つけた「ありがとう」も100回言えば本当のありがとうになります。

今、あなたが育児で苦しんでいるとしたら私はとても悲しいです。
だって、私も苦しんできたからあなたの苦しみがわかるんです。
でも、楽になる方法も知ってるんです。スグではないけど・・・。

ちょっとだけ・・ちょっとだけ視点を変えると少し楽になります。少し楽になったらその方向に進んでみます。時には後戻りしちゃうかもだけど、3歩進んで2歩下がっても一歩は前進です。
そうして子育てして、奇跡的に!?素直に育ったわが子を見て私が言うんです。
だまされたと思って、ダメ元で今日から子育て変えてみませんか?

| | コメント (6)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »