« 支援の在り方。 | トップページ | 支援のお願い »

2011年3月29日 (火)

大切な記憶

みなさんこんにちは。

今回の震災に対してのみなさんのコメント、本当にその通りだと肯きながら読ませていただきました。

ところで、静岡新聞にも出ていましたが、今回の震災でテレビから繰り返し流される映像を見続けた子ども達に精神的に不安定になる症状がでているということなので、みなさん気を付けてくださいね。
私も、診察をしてお話をするなかでお兄ちゃんお姉ちゃん達がママから離れなくなってしまったり、ボーっとしてたりというお話を聞き困ったことだなぁと思っていました。
ほとんどは地震のあった時は比較的落ち着いた環境にいて、地震そのものは恐怖心もなく乗り越えた子どもが、しばらくして津波や崩壊家屋の映像を見続けて不安定になったような感じです。

ここしばらくは、子ども達にテレビの震災の映像を見せるのを控え、スキンシップを十分にとってくださいね。
もちろん、何の症状も出ていない子どもでもいつもよりゆったりとした時間を親子で過ごして安心感で包んでくださいね。

さて、今日は私の大切な方が亡くなったお話をさせていただきます。

その方とは、私が開業する前に働かせていただいた増田助産院の増田さかへ先生です。
つい先日の朝亡くなられました。
私にとっては突然のことで正直ビックリでした。

増田助産院には、イモちゃんが1歳6カ月になったころからお世話になりました。
そろそろ職場復帰しようと思っていた私に、私が以前から助産院での仕事に興味を持っていることを知っていた方が、増田助産院を紹介してくれました。
一度面接をということで、急な展開にまだイモちゃんの預け先も決まってなかった私は取りあえずお話だけでも・・・という気持ちで出かけました。
そしたら先生、何と「明日からお願いね」というではありませんか!
イエイエまだ保育園も未定なので・・・と言って何日か待っていただいたのが昨日のことのように思い出されます。

そして、就職1日目。
初出勤して初めて座った診察室の机に置いてあった入院の方のカルテを何気なく見ていた時、私は自分の目を疑ってしまいました。
そのカルテの“夫”の欄には、何と数年前に別れた元主人の名前が書いてあったのです。

そんな偶然があるものかという驚きと、別れた時の色々な思いが一気に押し寄せ私はまだ出勤1日目だというのに、増田先生の前で泣いてしまいました。
先生は、そんな私を優しくいたわって下さりなるべくその家族とは接触しないように気を配って下さいました。

先生のところでの一日は、いつも朝出勤して先生とお茶を飲みながら先生の昔のお話を聞かせていただくことから始まりました。
先生は時におもしろく、時に真剣に私にいろいろなお話をしてくださいました。
そんな中で、私の母が父と新婚当時間借りしていたお宅が実は先生の親戚筋だったり、先生の亡くなられたご主人の家系が私の2番目の主人のおばあちゃんの家系と姻戚関係にあったりと、いろいろな接点が見えてきて、毎朝先生とお話するのがとても楽しみでした。

診察では、病院勤務の時には知りえなかった、実践の中から生まれた昔からの本当に妊婦さんに必要なそして胎児に必要な、色々な知識を学ばせていただきました。
今私がみなさんにお伝えしていることの大半は、この時に増田先生の言動を私なりに解釈したものだと言えます。

また、お産は本当にすばらしかったです。
何十年とお産を扱ってきた人にしか出せない空気(オーラというには軽すぎて、気迫というか何というか・・・)が先生の周りには漂っていました。
よく、熟練した産科医や助産師を“お産の神様”とか言うけど、私は違うと思います。
人は神にはなれません。
きっと、先生もそう思われると思います。
なのであえて私は、先生は“お産の神様に愛された助産師”だと言いたいです。

正直、普段の先生はちょっとかわいらしいところがあるおばあちゃんです。
おっちょこちょいだったり、おっとりしてたり、少女みたいな部分があったり・・。
でも、お産になると別人格のごとく一種の凄みさえ感じ、一緒にお産ができることがこの上もなく嬉しく、本当に尊敬する助産師でした。

私は、病院勤務時代に「なぜ自分は助産師なのか?産科医ではないのか?」と悩んだことがありました。
もちろん、医師になるほどの頭脳は持ち合わせておりませんので、現実問題として悩んだというよりも、その当時は医師のほうがよほど妊産婦さんに色んなことをしてあげられるのに・・・と本気で思っていたのです。

しかし、増田先生と知り合い増田先生と過ごすうちに、心から助産師であることが誇りに思えてきました。
助産師でよかった!助産師だからこそできることがある!ってことにようやく気付くことができたんです。
助産師だからこそお産の時に体も心も寄り添い続けていられる。
助産師だからこそ薬や医療行為に頼らないお産を考えられる。
助産師だからこそ母として女として一緒に悩み喜べる。
助産師だからこそ・・・
あげたらきりがありません。
もちろん助産師にできることが医師にできないわけがありません。
しかし、医師は忙しすぎますし助産と医療としての分娩介助はまったく違います。
助産師で良かった。助産師が良かった!
増田先生に出会えて良かった!

そんな増田先生とも、ここしばらくはご無沙汰でした。
私が忙しくなりあまり外出をしなくなったことが原因です。

今更、もっと会いに行けば良かったとか、後悔はしません。

私は増田先生によく「青島さんはお産が上手でねぇ」と言っていただいてました。
もちろんお世辞でしょう。だって、私が先生の前でとりあげたのは一回だけ。後はいつも先生のお手伝いをさせていただいてたんです。

でも、私はこの先生のお言葉をいつも胸に開業以来頑張り続けました。
私が先生にする恩返しは、先生のご機嫌伺いに顔を出すことではなく、増田助産院から出た子が地域に根を張って忙しくしてるよっていう便りが風に乗って先生の耳に届くことだと思っていました。
先生が自慢できる助産師になること。
これだけを目標に頑張ってきました。
きっと、目を細めて「あたしの育てた子がねぇ、頑張ってるんだよ」って喜んでくれると思って頑張ってきました。

でも、間に合いませんでした。

もっともっと成長した私を見せたかった。
先生に何にも御恩返しができないまま先生はこの世を去ってしまわれました。

でも、きっと先生はこれからの私のこともちゃんと見ていて下さるでしょうから、空の上で先生がほほ笑んで下さるよう、これからももっと頑張ろうと思います。

それにしても、大切な人がいなくなるって、寂しいことですね。

|

« 支援の在り方。 | トップページ | 支援のお願い »

コメント

実はずっと前(青島さんのところでお世話になりたいな、と思っていた妊娠初期のころ。笑)から、ブログずっと拝見してました。
いまさら初めてコメントさせて頂きます。
先日母から、増田さんが亡くなったと聞きました。
私を取り上げてくれた方、私の誕生の瞬間を一緒に見届けてくれた方、母と共に私をこの世迎え入れて下さった方が…この世からいなくなってしまったことが、こんなにも心細いことなのかと思いました。
出産を経験して、助産師さんの偉大さを目の当たりにしたから感じられることだと思います。
増田さんから青島さんに受け継がれていること、母から私、私から息子への命のリレー。すべての繋がりが素晴らしすぎて、そんな中に生きて、子供を育てていること、とっても幸せです。

投稿: まつお | 2011年3月29日 (火) 22時50分

三人の子どもを取り上げて頂き、6月に新しい命の誕生を控えています。腹帯を新調して、先生に巻いてもらおうかなあ、産んだらやっぱり、見せに行くよーなんて思っていたこのごろ。
近親者が逝く経験のない私にとって、先生のことを知った1日の夜は、変でした。
通夜に、三人の子ども、更にいつもなら「留守番する」って言う旦那が付き添ってくれました。11歳の娘は、お顔を見たとき泣いて「その気持ち分かるよ」と9歳の息子。6歳の息子は「寝てる」って。おばあちゃん先生は、いっぱい素敵な子供たちを世に出してくれていますよ。
あたしも、素敵な女に近づきますね。
ありがとう

投稿: 菜の子 | 2011年4月 4日 (月) 10時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 支援の在り方。 | トップページ | 支援のお願い »