« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月26日 (水)

転院

みなさんこんにちは。

ぴかちゃんさんお久しぶりです。
ムシの知らせ・・・かな?私も最近、ぴかちゃんさんこの頃どーしてるかな~なんて思ってたんですよ。←タイミングよすぎ!?でも本当です。
幼稚園(保育園だっけ!?)が一緒なんて方がお産や診察に来てくれるたびに、ヘイちゃんのお洗濯たたんだあの日々が懐かしくてね。

流産しちゃったことは、本当に残念だったと思います。
でも、子供達の言うとおりきっとまた帰って来てくれますよ。
それがいつなのかどんな形で帰ってくるのかは誰にもわからないけど、今回授かった命は寄り道の好きな、型にハマったことしないタイプの楽しい命なのかもしれないね。
・・・ん?誰かに似てる?

今日は、ちょっと私的なメッセージをここで送らせていただきますね。

今、私のとこで産むことが難しくなった命を宿している妊婦さんがいます。
って言っても、まだすごく悲観的な結果になると決まったわけではなく“助産院でのお産ができない”という状況。
できれば小児科医師の準備があるところでお産したほうがより安全・・・という感じ。

彼女、すご~~~く悩みました。イヤ過去形ではなく、今この瞬間もきっと悩んでるはず。

私はというと・・・、残念な気持ちと総合病院でちゃんと受け入れてもらえたことの安心感とで、少し複雑です。

ずっとずっと一緒にお産することを楽しみにしてきた命です。
他の病院にお産を委ねることは、いつもそうなんですが断腸の思いです。
でも、私の決断は時にはそっけないほど早いです。
なぜなら、赤ちゃんの健康とお母さんの健康が一番大切だからです。
助産院でお産することが一番健康的な営みである方は当たり前に助産院で出産し、そうでなければ医療の恩恵を当たり前に受けることができる・・・。
そして医療に守られ産まれた命がお家に帰ってきたら、状況が許す限り私が関わり健康的な子育てをバックアップする。
それが私の理想です。

彼女は今まさにその状況なのです。

今までも何人かのお母様を医療の手にお願いしてきました。
みなさん、涙を浮かべ転院していきます。
でも、その方達が出産後に元気なお姿でかわいらしい赤ちゃんを私のところに見せに来てくれる瞬間、私はいつもこう思います。
「あの時は泣かせちゃったけど、今日この日のための涙だったんだな。」ってね。

判断が遅かった・・・そんな涙を流させない為にも、私はこれからも自分の判断する目を鈍らせない様に自分に厳しく情に流されることのない助産師でいたいと思います。

でも、みなさんにはちゃんと優しく接しますからご安心をgood

| | コメント (5)

2010年5月23日 (日)

もうすぐ同窓会

みなさんこんにちは。

エフさん、コメントありがとう。
お兄ちゃんのこと、ビックリです。
でもよく頑張ったねぇ。ご家族の前向きな姿勢が、良い結果につながってゆくと思うよ。

それにしても大福入りのぜんざい・・・。私は忘れてましたが、そりゃすごい!←自分でたまげてます。
あの頃は・・・って今もそうですが、お乳のためにはお餅がいいとか小豆がいいとかいっぱいいっぱい食べてもらいたいものあって、あれもこれもとついつい出しすぎちゃうんですよね。
アハハ。自分が食いしん坊だからそれが基準だったりして・・sweat01
最近は密かに、おしか助産院お食事見直し計画たててます。
今までは、お産後の体力の回復と母乳の分泌のためにボリュームが必要と思っていました。
外食の味・実家のお母さんの味・屋台の味(!?)・和洋中エスニック・・・とあれもこれもみんな食べてもらいたいものばかりで、欲張ってました。
でも、もう少しボリュームダウンして、産後の体に優しい献立目指そうかなとも思います。

みなさん、教えてください。
入院期間の食欲って実際どうです?
朝・昼・夜、いつが一番お腹空いてます?
入院中のお食事に求めるものは?

もちろん、その時々のみなさんの様子でボリュームや内容は変えながらも、より良いお食事作り目指してステップアップできたらなと思います。

おかのさんちは、お兄ちゃん退院して一安心だよね。
子供ってやんちゃで手ごわくてイタズラで、毎日コラ~~ッなんて言ってるけどちょっとでも病気しておとなしかったりましてや入院なんてしちゃって身近にいなかったりすると、ホンット寂しいものだよね。
改めていつものいたずら小僧っぷりのありがたみがわかるよね。
でも、やっぱりまたイタズラされてコラ~~ッなんだけどそうして追いかけまわせる幸せ、そして子供という存在の幸せ、みなさん日常の当たり前の中に幸せを感じられるお母さんでいられたらいいね。

そうそう、もうすぐ平成21年度出産の方の同窓会です。

ほんのちょっとの時間だけど、出産したあの日を思い出しながら同級生になるみんなで交流がもてたらいいですね。
参加される方同志、積極的に声をかけあえるといいですね。

これ読んでるおしか出産のママで、もしその時に何か宣伝したいことあればチラシ配りますので28日までに助産院に持ってきてくださいね。

今回は31組のご家族が参加してくれます。
総勢100人超える集まりです。
とっても楽しみ~な行事です。
だだっ広いホールにそのまま座っていただく形になりますので、ピクニックシート持参でお願いしま~す。

| | コメント (1)

2010年5月20日 (木)

携帯電話

みなさんこんにちは。

ゆうこりんさん、コメントありがとね~

オレオレ詐欺、何で引っかかっちゃうんかなっていつも思うけど、きっとその場になれば焦りと心配で冷静な判断ができなくなるんでしょうね。
ゆうこりんさんのご家族の冷静な判断と行動に拍手です。

携帯での不審な電話で思い出しました。

それは、私がイモちゃん出産後に仕事を始めて、カギっ子になるオトメちゃんを心配し携帯を持たせた直後の話です。
当時小学校2年生のオトメちゃんからの初めての電話がこれでした。

「ママ、あのね・・・・・、ギャ~~~ッ助けて~~~ヤダ~~~怖い~~~」プツッ←電話終了。

私、真っ青です。

とっさに電話掛けなおしたんですがつながりません。
やっとつながり
「今どこにいるのぉ!!どうしたのぉ!!!」
オトメちゃんは涙声で
青色のマンションのまえ・・・グスンsweat02・・・怖いよぅ・・・」

もう、心配で心配で、車で無我夢中で青色のマンション探して学校付近をグルグルしました。
しかし、どんなに探しても青色のマンションなんてみあたりません。

もしかして・・・。
ふと思いつき学校裏門の前の青色の2階建てアパートへ。

いました!
しかもお友達と楽しそうに・・・sweat02annoy

理由を聞くと、どうやら初めてママに携帯で電話をするにあたり緊張してお友達と一緒にかけたんだけど、かけたと同時に頭上の木から毛虫がおちてきて・・・後はご想像の通り・・・。
子供にはマンションもアパートも違いなんてわかるはずもなく・・・。
オトメちゃん、この後私にこっぴどく必要ないのに電話かけるな~っと叱られたにも関わらずついこの間高校卒業するまで、雨が降ってきただの(イヤ~、どうみても小雨なんですが・・・)足が痛くて折れたかもしれないだの(折れてりゃそりゃ痛いどころの話じゃないでしょ!!)お腹いたくて死んじゃうかもだの(・・・sweat02生理痛で死んだら世の中葬式だらけじゃい!)いろんな理由で私を足のように使ってくれました。
まぁ、それで迎えに行く私も私ですが。

きっと、これ読んでくれてる方の中にも入院中に私が
「ごめ~~ん、ちょっと娘お迎えに行ってくる・・・」って出て行った記憶がある方もいるのでは・・・。

そんなこんなで、私ももしかしてこんな季節はずれにインフルエンザで・・・なんて声違う電話かかってきたらちょっと心配しちゃうかも・・・。

でもね、うちにはお金ないしオトメちゃんには自分のことは自分で解決しなさいって言ってあるからきっとオレオレ詐欺(ワタシワタシ詐欺!?)の電話かかってきても逆にそんな借金や使い込したことに対して説教しちゃうかも。
それで話の途中で電話切られて、「ちょっとー!!人の話は最後まで聞きなさい」って電話しなおして本人から「ママ何のこと~?」って言われて終わるのがオチだろうな。

それに電話番号変わったなんて言われても、何でもかんでも私に確認してから行動するオトメちゃん(最近は宿題の看護の問題の答えまで聞いてくるし┐(´д`)┌)が、私に連絡無しに携帯変えたなんて信じないし。

この世知がない世の中色んなことおこるけど、自分と家族を信じて冷静に対処できたらいいですね。

では、最後にすこ~し。私の最近のマイブームを・・・

Cimg5920_2 ばあばちゃんが育ててくれたバラです。綺麗に咲いてくれました。
じいじの看護で最近助産院に来れないばあばちゃんのカムバックを私と共に待ってます。

Cimg5924

先日赤ちゃん健診の時にいただいた葉ショウガで作った甘酢漬けです。大好物ですheart01

Cimg5927

最近の体型を反省して作ったおからクッキー。まずいんだけど、変に癖になる味で食べすぎちゃってダイエット効果なしですsweat01

Cimg5928

カフェ・ド・バレンタインなんちゃらかんちゃらとかいう長くて覚えられないお店のケーキ。県大近くです。
美しくて美味しくてお高くて・・・。ダイエットの敵ですがハマってますsweat02sweat02sweat02

| | コメント (2)

2010年5月18日 (火)

押し売り!?

みなさんこんにちは。

先日(と言っても少し前のことですが・・)ちょっぴり怖い経験をしました。

ある日助産院に一本の電話がかかってきました。
自営業で一応医療関係だとお金あると思うのか、けっこう株だのマンションだの何だの・・・営業のお電話かかってくるんです。
私のとこは生憎そんな余裕は一切ないのでほとんどは会社名聞いただけで診察中ですからと言って切ってしまうのですが・・・とこれ書いてる間にも(現在21時)子供の家庭教師の営業電話かかってきました・・・sweat02
切れなかった電話があったんです。

なぜかというと・・・。
その電話、会社名ではなく個人名で女性からだったんです。
育児相談や初診の予約なんかで名前を知らない女性からの電話はしょっちゅうかかってきますので、最初の段階で切れなかったんです。
そして、そのあとに「今お話してもよろしいでしょうか?」と言われて私は完全に個人的なお電話だと思い育児相談モードに入ってしまいました。

すると、その女性はおもむろに「実は・・・」と始めるのです。
私は「ハイハイ、なんでも聞きますよ」の姿勢。

そしてそこから一気に
「私共は東京で輸入ワインを扱っている者ですが、今回静岡での販売をいたしたいと思いぜひセンセイにご試飲をお願いしたいと思ってお電話さし上げました。」
ときたんです。

アチャ~、これだっ!聞くんじゃなかったと思ったけどもう後の祭り。
どんなに断っても(内心、お偉いセンセーじゃねーしっ!!って思いながらネ)引き下がりません。
とにかく美味しいワインなのでご試飲だけでも・・・と言われ、次の診察の時間も気になっていたのでとりあえず日時を約束してしまいました。
まぁ、私はワインが好きで時々自分で買ってきて飲むんですけど、全然詳しくなくてでもお酒屋さんには車で行くので当然試飲なんてできずに当てづっぽうにいつも買っているので、高級ワインを試飲して気にいったものがあれば1本くらい贅沢してもいいかな・・なんては思ったんですがね。

そして、当日。
東京から来たというその方は、お電話でお話した気さくな女性ではなく目を合わせるのもちょっと照れちゃうくらいのイケメン営業マン。
私の好みを聞き(男性の・・じゃなくワインの好みですよsweat01)これはいかがでしょう?といくつかのワインをほんの少しずづ試飲させてくれました。
ほんの少しずつでも、真昼間に6本くらい試飲すると、もう頭の中はボンヤリでイケメン営業マンのさわやかな笑顔に何だか幸せ~な気分です。
そして、それらのワインを1本ずつ丁寧に説明してくれます。
まるで、テレビでみる高級レストランのソムリエのよう。と言ってもそんなソムリエのいるような高級レストランにはとんと縁のない私にとってはあくまでも妄想の世界ですが・・・。

そんな私の気持ちを読まれているのかいないのか、彼は説明の後に
「これは、銀座の○○というレストラン・・あっミシュランに出ているとこですがね・・なら軽く1本1万円くらいはするものです。なかなか手に入らないんですよ~」
と付け加えます。

ほほぅ~こんな田舎でそんな高級ワインですかぁ。
いいもんですね。
へぇ~それが6千円!?ちょっと高いけど高級ワインだからそのくらいは当然なんでしょうね。

なんて、いい気になって話続ける私・・・・バカバカバカ、今思い出しても大バカです。

6本の試飲が全て終わったところで、本題に入りました。

彼いわく
「今回は、こんなにも高級なワインをわが社が特別なルートでの仕入れを実現してお安くお求めいただけるようになりました。1ケースで5万○千円のところ、特別に4万○千円でおわけします。」
とのこと。しかも定期的にお届けの契約で・・・sweat02

私、酔っ払ってもお酒には強いんです。
一気にほろ酔い気分が飛んでいき「はぁ?~~~~1ケースって12本?しかも定期的に!?なんじゃそれ!」と現実モード。
でも、実際はイケメン営業マンを前にして態度を急変させるわけにもいかず
「お安いのはわかるけど、12本なんて飲まないですよぉ」
と、やんわりと断りました。
しかし相手が引き下がるはずもなく、1か月1本として1年間楽しめるだの高級レストランに行くこと思えば安いだの(そんなレストラン静岡にあるかっ!!)お産終わった後の自分へのご褒美だの(お産終わってお酒のめるほどノンキな仕事じゃないわい!)12本が多いなら特別に6本で半額でもいいですだの(それでも高過ぎだっつーの!)なかなか帰ろうとしてくれません。
ついに私も我慢できなくなり
「試飲だけっていうから今日お約束したんです。もちろんいいワインだったら1本くらいはいただいてもいいかなとは思ったけど、そんなにたくさんの高級ワインを飲む予定もないしテーブルワインだって十分美味しく飲めるし、定期的に何万円もワインにお金出せるほど私お金持ちじゃありません。」
と、できるだけ穏やかに冷静に伝えました。

すると、イケメン営業マン氏。
とたんに冷た~~い目になり、鼻でフフンと笑い一言

「ワイン1本売るために東京から出てくるわけないってのは子供でもわかりますよね!!」

その瞬間私は「ヤバイ!変なのにひっかかっちゃった」
と怖くなりました。
でも、私だって引き下がりません。
とにかく買う気はないの一点張りでお帰りいただきました。
最後は営業マン氏、黙ったままワインを片づけ黙ったまま出て行きました。

その背中に恐怖を感じながらも
「大切なお時間お取りして申し訳ありませんでしたぐらい言ったらどうだっ!!」
って心の中で叫んでた私は小心者!?

もう2度とそんな変な営業には引っかからないと思うけど、ある意味いい勉強でした。

あ~、それにしても今考えてもあの時契約しなくて良かった~。
そんなお金あるんなら入院さんの食材に贅沢したり、同窓会のビンゴの景品に贅沢したりするほうがよっぽど生きたお金の使い方だもん!

みなさんも、こんな押し売りにくれぐれも気を付けてくださいね。

| | コメント (1)

2010年5月12日 (水)

関わりの難しさ

みなさんこんにちは。

なかちんさんお久しぶりにコメントありがとう。
きっとスクスクとBIGになっているだろうおチビちゃんにまた会えるのを楽しみにしてますね。

今日は、おしか助産院出産ではないお母様とのかかわりのお話です。

少し前にこんな電話がありました・・・

「個人病院で出産して2カ月くらいなんだけど、この頃すごく疲れてしまってでも眠れなくて育児も辛くて・・・。赤ちゃんのことかわいいって思えないんです。笑いかけてあげられなくてそんな自分が嫌でまた疲れて・・・」
本当にかわいそうです。お母さんも赤ちゃんも・・・。
少し話をするうちに、彼女が独身の頃に人とのかかわりの難しさからウツになりかけて通院したことがあるとわかりました。
私はとっさに、心療内科受診を勧めてしまいました。
彼女は、「そうですか・・・。わかりました。探してみます。」といって電話を切りました。

私、電話を切ったあとすごく後悔しました。
もちろん、産後ウツが重症になってしまうと悲観的な気持ちから最悪の事態になることもあり、早期の専門的なフォローが入るということはすごく重要なことなんです。
でも、彼女は誰かに話をすることで少し前向きな気持ちになれるかもと思って電話してきたんじゃないんでしょうか?
全くの一般人にとって心療内科(精神科)の扉をたたくのはすごく気が重いことなんじゃないでしょうか?
ウツの既往や現在の状態を、心療内科に行くことによって家族に知られるのは嫌だったんじゃないでしょうか?
それなのに私は、当然のように・・さも心得顔(声!?)で・・一刻も早くに受診するように勧めてしまったのです。
もちろん、進めるにあたっては少し考えました。
でも、ウツの既往があるとの言葉が受診を勧める決定打になりました。

それからしばらくして、おしか出産のお母様が赤ちゃん健診に来たついでに育児に疲れているというようなことをおっしゃいました。
もちろん彼女の性格も家族構成もご主人の様子も妊娠中もお産もいろんなこと知っている私は、彼女が何を望んでいるのか一緒に考え時には冗談を言い彼女を笑わせ健診の間たくさん話をしました。
そんな彼女が帰り際に
「あ~、先生に話してちょっとスッキリした!」
って笑顔で帰られたのです。

その時、あの電話を思い出したんです。

きっと電話の向こうの彼女も同じなんだ!!って。
だから、電話じゃなく話に来てもらえばよかったんだって。

でもね、残念だけど私も全ての方とじっくりお話することはできません。
電話で初めて声聞く方は、家族構成もご主人の様子もお産の様子さえ分からないのです。
助産院にきてお話を・・・と言ってもお産や新生児訪問や入院のお世話や診察がある中でボランティア的に話を聞くこともできません。
果たして有料の保健指導ということで来院されるお母様はいらっしゃるのでしょうか?

静岡市の保健センターでは「さくらんぼ」という育児相談を月1で開催してますし、助産師会でも独自に育児相談を行っています。全て無料です。
急ぎでなければそういう機会を利用して専門的に相談するのもいいのかもしれません。

けどそれとは別に、似たような思いの中で悩みそれを乗り越えて育児をしているお母さん達の生の声を気軽に聞けたら、きっと少し心が軽くなるんじゃないでしょうか?

そんな気持ちもあって「おしかふぁみり~の会」を続けられたらなって思います。
ここならおしかで出産された方もそうでない方も、一人のママとしていろんな愚痴やら重荷やらを気軽におしゃべりすることできるんです。
いっぱいおしゃべりして、しゃべり疲れたらきっと悩んでた心が少しは軽くなるんじゃないでしょうか?

人と関わるのって難しいです。
例えそれがご主人や自分の子供、赤ちゃんでさえ・・です。

でも、一歩踏み出すことで乗り越えられることもたくさんあるはずです。

そうして一歩踏み出す背中をそっと押してあげられたらなって、いつも思ってます。

そうそう、最後に一言。

先日のおしかふぁみり~の会の翌日、今までの入院さんのいる生活の緊張感が無くなったということもあり、私もダウンしてました。お昼の12時過ぎまで爆睡でした。
っていっても私はいつも退院翌日はダウンしちゃうんです。
入院さんいると頑張りすぎちゃうんでしょうね。
退院翌日が休日の場合は体動きません。←病気ではなく冬眠みたいな状態で・・
でもそんな自分も好きなんですがね・・・。
ただし・・・今回は、その日に大事な会議あってすっぽかしてしまったので少しビクついて毎日を過ごしています。
アハハ。それでも「なんとかなるや!」って自分に言い聞かせてノーテンキに過ごしてるんですがね。

助産院の仕事以外のことになると、とたんにダラけてしまう自分はちょっと困りものです。

注)今回の記事中の相談内容はプライバシーの関係もあり少し脚色しています。

| | コメント (1)

2010年5月11日 (火)

オフ会にて・・・

みなさんこんにちは。

オフ会でのこと、いっぱいコメントありがとうございます。

まずは、ごめんなさい。
体調崩してしまったお子さんは早めに受診して下さい。

私も色々なことを丸投げの形で皆さんにお願いしてしまったこと、反省しています。

当日はお産入院の方が退院の日で、診察も多くて退院後のお部屋の片付けが終わらず私もオフ会に遅刻してしまいました。
セブンちゃんさんは、今回一人でオフ会を取り仕切ることになってしまい午前は助産院を手伝い、お昼を食べる間もなくお子さんを保育園にお迎えに行きそのまま“来てこ”に行ってくれました。
だから、朝調子良くて保育園でも特に何も言われずにお子さんを連れてきた彼女としては、まさかの展開だったと思います。
帰るにも鍵の管理やら何やらと、責任感強い彼女は帰れなかったんだと思います。
私がもっと気がついてあげられれば良かったんですが、彼女に全部甘えてしまいました。
ごめんなさい。

また、他の方もお子さんがその後体調崩されたことで色々心配してくださりありがとうございます。
匿名さん、きっと言いづらいことだったと思うけどサッパリと言ってくれてありがとう。
おかのさんは、さすが医療人だけあっていつもながら的確なコメント、嬉しいです。
オバミさん、元気になったらまた・・・と言ってくれてありがとう。嬉しい言葉です。
ポニョ母さんのおっしゃって下さることもあたたかくてありがたいです。ポニョ母さんこれからもよろしくね。
セブンちゃんさん、早くお子さんが良くなるといいね。当日は会場管理御苦労さまでした。

子供はいつ誰がどんな時にウィルスを持つかなかなか判断しずらい時あります。

少し前に私の姉の子が高熱を出して歩けなくなったことがあります。
急に始まり、近所の小児科で風邪薬を1週間処方されても熱下がらなくていよいよ総合病院へ入院となった時には歩けなくなっちゃって・・・。
結局総合病院でもなかなかウィルスの特定ができず熱も下がらず・・・。

その後もその病院で色々な検査をして、やっと特定できた菌がなんと“ボツリヌス菌”!!
それ聞いた時の私、「はぁ???」ってビックリです。
だってボツリヌス菌なんて、生の蜂蜜を1歳未満の子に食べさせた時に危険とは言われるけど、最近蜂蜜食べた覚えもない小学校高学年の子が、なんでそんな菌もらってくるわけ???しかもどこからどうして感染するわけ???

その後姉の子は、熱も下がりリハビリして歩くことも元に戻りめでたしめでたしなんですが、子供ってホントイロイロあるんだなって思いました。

もちろん、だからって何でもありでいいじゃないとは言いません。

匿名さんのご指摘の通り、セブンちゃんちも元気が良かったとは言え、実際お腹緩かったわけだし、一回目に嘔吐した時にどなたかに事情を言って帰ればよかったのかもしれません。
でも、帰れなかった。その責任は私にあります。
今後はこういう会を続けるのは難しいのかな・・・って少し弱気になったりもしました。
でもね、いっぱいおしゃべりしてなんだか楽しそうなみなさんの顔を思いだすと、こんなガス抜きの会も時には必要なんじゃないかなって思っちゃうんです。
みなさん、どうでしょう。これからも続けてもいいですか?

これからは、常に2人以上で会場の管理運営ができる体制をとっていこうと思います。
そして、体調の悪いお子さんのお母様には早めに私から声を掛けさせていただきます。

そのためにもセブンちゃんやポニョ母さんと一緒に会を盛り上げてくださる方大募集です!実はもう1人スカウト済みなんですが人数は多ければ多いほど頼もしいですし。
また私からも声掛けさせていただくかもしれません。
来たい時にきてペチャクチャしゃべって帰りたいときに帰る会です。
難しいこと無しのこの会を、細~く長~く続けられたら楽しいかなって思います。

| | コメント (1)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »