« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月24日 (水)

景品とおにぎりの具

みなさんこんにちは。

トメさんコメントありがとう!
旧ママ友との再会のお話やビンゴの景品を喜んでいただけたこと、本当に嬉しかったです。
いつもやりっぱなしで、来年度への反省をする間もなく終わっていたのでこういうコメントはありがたいです。

特にビンゴの景品は、私が4月位からネットや広告を見ながら買いあさるんですが、なんせオトメちゃんやイモちゃんが赤ちゃんだったのが遠い昔になりつつあるこの頃ですので、今のお母さん方が欲しいものと私が選ぶ景品と感覚的にギャップがあったらどうしよう・・・といつも悩むところです。
とは言え、この景品のお買いものが私にとって同窓会やる裏の楽しみでもあるのですが・・・。
普段自分のためにはそんなに散財しないじゃないですか。
でも、同窓会の景品を選ぶ基準が「子育て中の自分だったら“もったいないかな?”と思って買わないけどちょっと興味あって欲しくなるもの」なんです。
だから無駄使いしているという罪悪感に悩まされることもなく、いつもなら買わないようなものもス~イスイお買いものしちゃうんです。
後でカード明細みて冷や汗かいてますが・・・sweat01

でもトメさんやあずあずさんみたいなコメント見ると、来年も頑張っちゃおう!って気になります。
とにかく、来ていただいた方が笑顔で帰られる姿を見るのが私の一番の楽しみなんです。
お産も同じです。
退院する時のみなさんの笑顔を見るのが(時にはもっと居たい~なんて涙を頂き)、ホントに嬉しくてしかたないんです。
おしか助産院に関わって下さる方の笑顔の分だけ私の心の幸せ貯金が増えていきます。
色んな機会に色んな方法でこの幸せ貯金を皆様に還元していけたらいいなぁと思います。

ところで、おむすびの具ですがいくつか私から・・・
1・いくら又は筋子のしょうゆ漬け
 これは以前勤めていた助産院の先生のお嫁さんが作ったものをいただいて以来大好きなんですが、どうやら東北の方では普通に食べているらしいです。
おいし~です。
2・梅おかか
 梅干しとおかか。これが合うんですよ~
3・シーチキンマヨネーズ
 言わずと知れたコンビニの定番!
4・お茶漬けごはん
 これは市販のお茶漬けを振りかけて混ぜ混ぜしたご飯をにぎるもの。
 ふりかけとはまた違った面白さです。でもオトメちゃんは学校で笑われたとか・・・
 ある意味、笑いを取れるママです。
5・小さなフライにソースかけたもの
 これはイモちゃんがカブスカウト(ボーイスカウトの小学生クラス)の時に、持っていくお弁当はおにぎりのみと言われ、どーしたらおかずをしのばせられるかと考えて作りました。
前の晩がフライだったら残りものを小さく切って入れちゃってもいいかも…。

4・5にいたってはほとんど私の食事の雑さが現れる具になってますねぇ。
オトメちゃんによく言われます。
「入院する人はいいねぇ。ママの美味しいご飯食べれるもんね」
アハハハハ・・・・sweat02
オトメちゃんイモちゃんゴメン!!
ママは入院さんいないとダメママなのよ~
 

| | コメント (5)

2009年6月23日 (火)

親の背中見せてます

みなさんこんには。

あずあずさんコメントありがとう。

あの日お手伝いしてくれたのがオトメちゃんです。
実はあの日学校の文化祭があったんです。だから今年はお手伝い期待してなかったんですが、数日前に当然のように
「ママ、20日はお手伝いするから欠席届書いてね!」と用紙を持ってきたんです。
嬉しいけれど、親の都合で学校休ませていいのかとちょっぴり複雑な想いで用紙には“家業手伝いのため休ませます”と書きました。
もちろん、通常授業の日だったら休ませてませんけどね。

我が家は結構子供の自主性任せです。
といっても野放図にしているわけではなく、信じられる選択をしてくれる子達に育ってくれているのである程度好きに行動させても困ったことにはなってません。
もちろん、行動は把握していますし子供たちとのおしゃべりの中で行動の結果をいつも一緒に楽しんだり反省したりしています。
きっと神様が、こんな私なので難しい子は育てられそうにないと考えて、自主性の育つ子を私の元に授けてくれたのでしょう。
・・なんていうと聞こえはいいのですが、ぶっちゃけ自分の遺伝子を持った子ですので自分がされて嫌な育児はしない!それだけです。

サルでもアヒルでも親を見て動物はエサの取り方や泳ぎ方を学びます。
もともと持ってる本能に親からの刷り込みや学習があって、一人前のサルやアヒルになるんです。
基本は人も同じだと思います。
商売をしている人は、その商売をする自分の後ろ姿を見せることが一番の育児なんだと思います。
育児の最終目的は、子供たちが自分のもとを巣立って一般社会人としてこの日本で(グローバルな家庭ならこの世界で)、自分の力でご飯を食べてゆけることだと私は思っています。もちろんそれは男女関係なくネ。
私の仕事を見た子供達が、助産師になりたいと思うかどうかは別として、一般社会で生きていく女性としての私の姿を脳裏に焼き付けてくれればいいなぁといつも思っています。
人の喜びを自分の喜びとして感じられる感性のある人間に育ってほしいものです。

そういえば最近、政治家の世襲議員のことが問題になっていますよね。
真面目に国や人民のことを思ってわが身を粉にして議員をされている政治家の子供なら、そんな親の背中を見ているはずなのでその子が政治家を目指すことはなにも悪いことではないと思います。
しかし、あまりにも私たち庶民とはかけ離れた感覚で、金銭にまみれた偽善的な政治をしている政治屋の子供は、はたして親のどんな背中を見て育つのでしょう。
そういう子供達が親の看板しょって政治の世界に入るのは、おかしなことだと思います。
もっともっと有権者が、ちゃんと自分たちの国や生活を任せられる政治家を選ばなくてはいけません。
どんな看板・地盤・カバンがあったって、結局彼らを選ぶのも選ばないのも有権者なのですからね。

ところであずあずさんはホームベーカリーだったんですね。
今年はホームベーカリーとアイスクリームメーカーと大きなおもちゃが目玉だったような気がします。
5~6番でホームベーカリーということは、結構早くビンゴになっても子供たちの意見でそれら以外のものを持って行かれた方もいるのでしょう。
これだからおしか助産院のビンゴはおもしろいんですよ。

あずあずさんさんちはパン派なんですね。
これを読んでいるみなさんはどうですか?
手作りのパンはおいしいですよ~。慣れれば簡単ですしアレンジするのも楽しいし・・・
ホームベーカリー使いこなして楽しいパンライフを送って下さい。
おしか助産院のパンも同じホームベーカリーで作ってたパンなんですよ。
今は2代目で、お餅がつけたりウドンをこねられたり・・と欲張りな私にぴったりな物に変えてしまいましたが、あずあず家も今回のホームベーカリーからいっぱいいっぱい手作りの世界を広げて下さいね。
ちなみに私は、最近は手打ちうどんに凝ってて、助産院の献立にも入れてます。

最後に20年度出産の皆様にお渡しした“家族5”ですが、もし身内(ご実家など)にプレゼントしたい方がいらしたらもう一冊お渡しできますのでおしか助産院までご連絡ください。

| | コメント (1)

2009年6月21日 (日)

20年度出産同窓会

みなさんこんにちは。

今日は20年度におしか助産院で出産された方々の同窓会でした。

グランシップの交流ホールというところでやりました。
交流ホールを使うのは今回が初めてでしたので、様子がつかめずに時間に追われバタバタした中ではじまりました。

初めに皆さんの自己紹介をしていただきました。
おしか助産院のような小さな施設だと、病院と違って待合室で会ってお友達になったり同時にお産でお部屋が一緒だったりなどということがないので、この年一回の機会におしか出産のご家族が顔合わせできればいいなと思っています。

自己紹介では、お産や妊娠の時のエピソードを一言。そしてご主人と一緒にいらした方はご主人から奥様へ一言いただき、ご主人とご一緒じゃない方には私から一言お話させていただきました。
懐かしい顔ぶれに囲まれ本当に楽しくてうれしくて幸せな一日でしたhappy01

そして集合写真を撮り、ビンゴやりました。

本当は集合写真なんかをここでアップしたいのですが、了解をとるのを忘れてしまいましたので、今回はお写真なしです。
でも、きっと同窓会に参加された方たちからそのうちコメントが届くでしょうから、様子はそんな皆さんのコメントから察して頂けたらと思います。

毎年の同窓会の開催が定着してきました。
みんなに声かけて、みんなに囲まれて、みんなと笑いあう・・・私の自己満足な会なのかもしれませんが、参加された皆様も楽しんでいただけたと信じて来年もやりたいなと思います。

グランシップは何かのイベントもやってたみたいですが、帰りにイベントをのぞかれた方もいらっしゃるのでしょうか?
芝生広場ではなんだか美味しそうな出店がでてたような・・・。
私は同窓会が終わった後すぐに、オトメちゃんを街に送って行かなくちゃだったりしてのんびりイベント見学できませんでした。残念・・・down

また来年もあの場所で同窓会ができたらいいな。
21年度出産のみなさん(て、まだ始まったばかりですが)、楽しみにしててくださいね。

そうそう、ビンゴの景品はみなさんなにがあたりました~?
差支えなければ感想など聞かせて下さいねear

平成20年度出産組のおしかファミリーのみなさん、今日は楽しい一日をありがとうございました!!!

| | コメント (2)

2009年6月18日 (木)

おめでとうです。

みなさんこんにちは。

そしておかのさん妊娠おめでとう!

先ほどのお電話で、お名前を聞いた時には本当に嬉しかったです。

で、もしやと思ってコメントみたらここで一番に報告してくれてあるじゃあないですかぁ。
ホント、おめでとーです。

おかのさんは訪問ナースなんですね。
自宅療養の方をケアし支えるナースの姿は、私たち開業助産師と重なるものがありますよね。
ケアと医療の間に立ち、その方に一番必要なことは何なんだろうって常に考えて判断して行動する。
医師の診療の介助も看護の一つではあるけれど、自分の判断で自分の責任で行う看護にはやりがいを感じるのではないでしょうか。

きっと少しばかり昔の日本では自宅療養なんて当たり前だったのではないでしょうか。
自宅分娩や自宅療養が当たり前だった時代は、家族のつながりや地域社会の連携、そして日常にある生や死がもたらす命への畏敬の念など、今では忘れられている大切なものが普通に存在していたと思います。
何を隠そうこの私もイモちゃんは自宅で産みました。
実の母や働いていた病棟の婦長さん(陣痛が始まった私を心配して勤務の帰りに様子を見に来てくれて、ちょうどお産始まってたので引き留めちゃいました)や知人やオトメちゃんが見守る中、オトメちゃんを取り上げてくれた年配の開業助産師さんに、取り上げていただきました。
安心できる人に囲まれて安心できる場所でお産する心地よさ。
イモちゃんが少し大きい赤ちゃんだったこともあってオトメちゃん時より時間かかって大変だったはずなのに、心地よく感じてしまうお産だったのはやはり自宅だったからなのでしょうね。
それが自宅分娩のいいところです。

でも大方の女性は、お産をするのに自宅はちょっと・・・でも自宅に近い環境は惹かれるなぁ・・・
なんて感じなのではないでしょうか?
だから、昔のいいとこと今のいいとこ、いいとこ取りでもいいじゃない。
おしか助産院はそんな欲張りな助産院です。
自宅にいるような出産施設。
そんな風に思っていただけたら最高です。

同じにおいを感じるおかのさん、是非是非いいお産をしましょう。

| | コメント (1)

2009年6月15日 (月)

突発型人間です。

みなさんこんにちは。

おかのさん、ランナーズさんコメントありがとう。

おかのさんは“おめでたの予感さん”ですね。
またうれしい報告をここで聞けるといいですね(o^-^o)
それに助産院に興味がおありのようですので、おめでたでもそうでなくてもいつでも見学や説明はしておりますので声をかけてくださいね。
そしておかのさんお勧めの「大五味」、行ってみたいなぁ。
隠れ家的っていうのがいいですねぇ。隠れ家大好きです。
居酒屋さんだとなかなかオトメちゃんイモちゃん連れて行けないけど、未成年でもご飯食べがてら行ける雰囲気なら行っちゃおうかなぁ。

ランナーズさんは4人目希望さんですね。
私のところでも2人目3人目を40代で出産されてる方いらっしゃいます。
もしランナーズさんに待望の宝物が授かったら、ぜひここで教えて下さいね(*^-^)
ちなみにおしか助産院の玄関ドアにはフクロウのドアチャイムがついています。
前にバリに行ったときにバリではフクロウの鳴き声を聞くと妊娠できるという言い伝えがあるとガイドさんに聞いたので、縁起かつぎの意味も込めてフクロウのドアチャイムつけてます。一度遊びに来てみます???
そして、そして、自宅分娩に興味を持ってるみたいですね。
つい最近もおしか助産院の近所の方のとこに自宅分娩に行きましたよ。
自宅分娩は、条件がそろえばとてもいい思い出になると思います。
介助する助産師がいること(できれば近くの地域に)、出産後のお手伝いが確保できること、お母さんが入院期間と同じくらいノンビリできること、ご家族が感染性の疾患を患ってないこと・・・などなどです。
また、聞きたいことがあれば何でも聞いて下さいね。

ところで、今日はオトメちゃんの行きたい大学のキャンパスを見に富士吉田まで行ってきました。
私にとっては“富士”と名のつくところはそれほど遠いという感覚もなく(この頃はなかなか遠出できませんが・・)、まかいの牧場や朝霧高原なんかはよく娘たちを乗せて車で出かけたスポットでした。
なので、今回もお昼前に急に思いついて12時過ぎに出発し、5時のオトメちゃんの塾には十分間に合うつもりで余裕で東名にも乗らずに出かけました。
しか~し、認識が甘かった!!
富士吉田は遠かった(;д;)のです。
とりあえず現地に到着してキャンパスをチラッと見て、そのまま車から降りもせずにUターン。
後はひたすら時間との戦いでした。
しかも東名にのりゃいいのにインターチェンジを通りすごしてしまったりして、タイミングがあわずに帰りも一般道です。
富士から国1に入ってからはきっと私の形相はものすごいものだったと思います。
結局2分遅れで塾に着き、事なきを得ましたが、2分間に合わなかったのが悔しくて・・・。

消費者金融じゃないですが、何事も「計画的に」が大事ですよね。
私は何事も「突発的に」行動する人間なので、動物的カンに頼って動いてしまいます。
もちろんお産は違いますよ。でも、そうはいっても動物的カンが働く場面も多いです。
例えば“何となく変”とか“何となく違う”って感じる時があるのですが、その時点では医学的には何にも根拠のない漠然とした不安であっても、時がたつとそういう方の何人かは医療の必要なお産に切り替えなくてはならなかったりすることがあります。
カンで、“?”と思っている分だけ注意深く観察できるので機を逸することなくスムーズに医療への切り替えの橋渡しができます。
なので、その“カン”を磨くべく(!?)プライベートではかなりの部分“カン”で行動してるのかもしれませんね。
公の私と個人の私。メビウスの輪のように裏表なのにつながっている・・・だから私の仕事は私の全てなのかな。

助産院を通して、これからも私の全てをみなさんにお伝えできればいいなぁと思います。

| | コメント (1)

2009年6月11日 (木)

少子化を考える

みなさんこんにちは。

そしてlanlanさん、なかちんさん、ゆうこりんさんコメントありがとう。

なかちんさんの言う七間町のイタリアン、興味ありぃ~。
是非お店の名前を教えて下さい。
私はイタリアン大好きなんです。パスタには目がないし・・・。
私がよく行くのは(って言ってもたま~にですが・・)、近くにあるイタリアンのグラデボールです。
きっとなかちんさんも知ってるよね。子連れで行くには小さいお店ですが、久能にある2号店なら大丈夫。
先日久能に行ったときは、お財布がちょっぴり寂しかったので(でも外食するってどんなん家族なんでしょう!?)ドキドキしながらお店に入ったんですが一番安いパスタが580円からあってビックリでした。

lanlanさんは、12日にどんなにか(赤ちゃんではなくお母さんが)育っちゃってるのか楽しみにお待ちしております( ̄ー ̄)ニヤリ
前回の話題は妊婦さんには拷問でしたね。
まあ、冗談はさておき予定日まであと一か月と少しですね。
きっと今回はどんなお産になるのかなと楽しみ半分ドキドキ半分な気分でしょうね。
良いお産にしましょう。
思い出いっぱいつくりましょう。
バイキングではないですが、入院中は頑張ってくれたお母さんへの私からのありがとうの気持ちをこめておいしいお食事をお出ししますので、キャンディポケットの前はもうしばらく目をつぶって通って下さい。

ゆうこりんさんちりょう王子はさすがにお目が高い。住みたい!ですか・・・アハハハ・・・
でも、ホント子供はあんなとこに住めたら最高でしょうね。
うちのオトメちゃんもお気に入りのものがいっぱいおいてある雑貨屋さんなんかに行くと、ここに住みた~いって言います。
何歳になっても心はお子様ですsweat02
同窓会の雑用係の件はありがとう。
来年はぜひスタッフとして参加して下さい。もちろんりょう君とつばちゃんも連れてきてくれてかまいませんよ。

先日今年の同窓会をやるグランシップの交流ホールの下見に行ってきました。
すごく広々していてすてきなホールでした。
当日が楽しみです。

さてさて、今回は少子化について思うことを少し。

最近ありがたいことにお産の予約が増えています。
といってもせいぜい小さな施設なのでたかがしれてますが、自然なお産や育児が身近に感じられる世の中になればいいなと思います。
その第一歩が助産院分娩だとしたら、こんな地方都市の小さな助産院だとしても少しお産が増えるということは、そういう思いの方たちが増え始めていることになるのでしょうか。

政治の世界では、少子化を食い止めるためにいっぱいいっぱい税金を使うこと考えているようですが、おしか助産院で出産される方はけっこう3人目の出産のかたがいらっしゃいます。
また、お産が終わった直後に「もう一人!」とか「この次は!」とかおっしゃる方も結構います。
中には、お産が趣味になりそう・・・なんてうれしい感想もあったりして、出産・子育て=困難という構図はなさそうです。

もちろん少子化はそんなに簡単に解決できる問題ではないですし、お産は一過性のものだからお産だけが少子化を救う道だとは思っていませんがあえて一言!

良いお産を経験した方達は比較的次の妊娠や出産に積極的になれると思います。
統計を取ったわけではありませんが、医療介入がどれだけあったかで次の子供を欲しいと思い始める次期や実際に次に妊娠するか否かが違ってくるのではないでしょうか?
特に3人目のお子さんの妊娠は、あまりにつらい出産経験をされている方にとっては考え辛いものなのではないでしょうか?
また、出産経験だけでなく出産後のお母さんたちへ私たち助産師や保健師や保母などのプロがどの程度深く関わり、不安の少ない育児ができるかも重要だと思います。
保育園を増やしたり色々な手当金を増額したり・・・それはそれでとてもありがたいことなのですが、当たり前のこととしてもっともっとお母さんたちが気軽に(経済的負担なく)心温まる出産や育児ができる、マンパワーとしての助産師の活用があってもいいんじゃないでしょうか?

こんな田舎の助産師の独り言が行政に反映されるはずもないことは百も承知なので、とにかく私はおしかで出産される方やお乳や育児の相談でおしかに関わられた方が、当たり前に助産師である私を活用してくれるよう、いつもおしかの扉をオープンにしておこうと思っています。

産め産め・・とは言いませんが、妊娠・出産・育児になんの躊躇もない明るく楽しい世の中になることを願ってます。

・・と、ここまで下書きして気がついたら新しいコメントがまた来てました。

あずあずさん浜松情報ありがとう!
木曽路ってなんだか聞いたことあるなぁ。
私はなかなか浜松には行かないけど、おしかで出産されるかたは浜松方面のかたもいますのでとっても貴重な情報です。
私も機会あったら木曽路に行ってみたいなぁ。
あずあずファミリーとはまた同窓会でお会いできそうですね。
楽しみにしてます。

そしてマキココさん、この前はかわいいふーちゃんのお顔を見れて嬉しかったです。
この頃は幼稚園行ってるふーちゃんだから、健診で会えなかったからネ。
私のこと忘れられてなくて良かった!!

道路沿いの助産院ゆえ、結構みなさん通りがかりに声かけてくれます。
しかも信号のとこなので、みなさん同じく声と顔が通り過ぎる状態で・・・smile
そういう瞬間ってとっても嬉しいです。
みなさん、赤信号の時をねらって通りがかって下さい。アハハ・・そんなんだったらきっと寄っていってくれるかな。

では、また。
みなさんの元気なコメントお待ちしてま~す。

| | コメント (2)

2009年6月 3日 (水)

おすすめのお店パート3

みなさんこんにちは。

トメさん、コメントありがとう。
ミイちゃんの健診ができなかったのは残念でしたけど、お姉ちゃんのお熱が大したことなくて良かったです。
またいつでも都合のつく時に来て下さいね。
おしか助産院で出産して下さった方には、無料健診という形で一歳までお付き合いさせていただいてますが、もちろん一歳すぎてもいつでも遊びに来て下さい。
みんなおしかファミリーなので大歓迎です。

ところで今日はSBS近くにある「キャンディーポケット」にたまがわ助産院の玉川さんと行ってきました。
玉川さんとは、助産院で出す献立の研究も兼ねて時々こうして一緒にお食事します。
きっとこのお店はご存知の方も多いのではないかと思いますが、一応報告です。

このお店はケーキバイキングが売りのお店です。
今日はランチでしたので一人1680円でした。6歳以下は500円です。14:00~17:00はケーキバイキング(フードメニューなし)で大人1080円幼児300円です。
12:00少し前に行ったのにもう満席で15分くらい待ちました。
お店の外にイスが置いてあり玉川さんとおしゃべりしているうちにすぐに呼ばれたので大人同士ならいいけど、子供がいる場合はもう少し早めに行った方がいいのかもしれません。
店内はキッズスペースもあり子連れで楽しめるお店です。
バイキングは時間制で90分。
私たちは1時間でお腹いっぱいで出てきました。
料理は、サラダが何種類かありパンが2種類、スープが2種類、パスタ、オムライス、グラタン、麻婆豆腐、肉じゃが、カレー、フライなど、結構充実しています。
そして、味も手作り感あって結構いいんじゃないかな。
以前、パルコのスイーツパラダイスに行った時はあまりの混みようにげんなりでした。
フードコーナーの規模に対しお店に入れるお客さんの人数が多すぎて、料理が出てくると黒山の人だかりになり、あっという間にお皿が見るも無残な姿になってましたが、ここはそんなことはありませんでした。
席数に見合った料理数だと思います。
そして、メインのケーキはどれも美味しかったです。
全てのケーキが初めから小さく切り分けられているので、ケーキコーナーがグチャグチャすることもなく、気持ちよく取り分けられました。
その小さなサイズのおかげで10種類以上のスウィーツを全て食べることもでき満足です。
スウィーツは、チーズケーキ・チョコレートケーキ2種・ショートケーキ・スポンジケーキ・抹茶のケーキ・トマトのケーキ(!)・オレンジのケーキ・タルト・ミルフィーユ・ティラミス・クリームブリュレ・水まんじゅう・コーヒーゼリー・マンゴープリン・杏仁豆腐などなど・・・
ここまで書いて、よくこんなに食べたなぁと我ながらビックリです。
フリードリンクのコーナーもティーパックのお茶の種類が充実してましたよ。

ここなら子供を遊ばせながらゆっくりできるかもしれませんね。

バイキングスタイルは自分や子供が食べたい物を食べたいだけ食べられるのがいいですよね。
草薙の“葡萄の丘”も好きです。和食スタイルのバイキングにホッとします。
けど、あそこは子供はあきちゃうかな?せっかくだから少しでもキッズスペースがあるといいのにね。

みなさんも、もし子連れで行けるお勧めのお店があったら教えて下さい。
子育て中だからなかなか楽しめないんじゃなくて、子育て中だからこそ楽しめること、たくさん見つけてゆきましょう。

| | コメント (5)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »