« お産の合間に・・・ | トップページ | 今年もありがとね。 »

2008年12月15日 (月)

みんなの気持ち・私の気持ち

みなさんこんにちは。

なかちんさん、コメントありがとね。
お子さんたちの体調がなかなか戻らず大変そうですね。
この前のお電話ではお母さんはお元気そうでしたので少しホッとしました。
お大事にね。
今度の健診でお会いできるのを楽しみにしています。

ところで、ここ数日立て続けに入院があり今日は退院日だったので久しぶりにお買いものに行きました。
道路にはビックリするほど車があふれ、ショッピングセンターや雑貨屋の駐車場はどこもいっぱいでした。
不況なんて言ってるけど、こういうのってクリスマス前のボーナス時期の一時的なものなのでしょうか?
それとも日本の底力!?
きっと世の中にはリストラや給与カットで苦しい生活をしている方々もたくさんいるのでしょうけれど、そういう中でもささやかな楽しみを見つけて上手にこの不況を乗り越えていけたらいいですよね。

ささやかと言えば、私も今日は久しぶりのフリーの日ということでお夕食を子どもたちと外食しました。

その時にちょっとした???なことがありました。

その店にいくのは3度目でした。
安くてそこそこ美味しいマグロの丼物で少しばかり名の知れた小規模なチェーン店です。
いつもどおり美味しくお食事をいただき、子供たちがお楽しみの食後のアイスを持ってきてもらいました。
アイスはセットではなく単品で別料金のものです。
アイスが来るとイモちゃんがすかさず
「ねぇママ、この前はこのアイスの下にゼリーがかかってたけど今日はないよ」と言います。
確かにイモちゃんのもオトメちゃんのもゼリーはかかってません。
メニューにはゼリー入りの写真が載せてあります。
イモちゃんはそのゼリーけっこう気に入ってて楽しみに注文したのに・・・。
なので、店員さんに聞きました。なぜゼリーが入ってないのかってね。
そしたらビックリ!なんと“今日はゼリーが無くなったので入れてません”との答え。
注文取るときに何も言わなかったのに・・・
私、はじめは美味しそうにアイスを食べ始めたイモちゃんとオトメちゃんを見てたら“まっいいかっ!”って思ったんですが、その嬉しそうな顔を見ているうちにだんだん納得いかなくなっちゃったんです。
だってそうならそうと最初に言ってくれればいいのに・・・ゼリーを楽しみにしてたのに・・・

で、ついつい言ってしまいました。
「ゼリーがないことを注文の時になぜ言ってくれないんですか?食べ物屋さんで食材が無くなってメニューどおりのものが出来なくなったら注文を取らないか事情を言ってから注文を取るのが普通じゃないですか?」って。
そしたら店員さん黙ってしまいました。
カウンターの目の前の厨房で調理している方たちは知らん顔です。
で、ついつい言ってしまいました・・パート2
「責任者の方いらっしゃいますか?」って。
そしたら厨房から慌てて店長らしき人が出てきて“この子は午後出てきたので事情をよく知らなくて・・・”と謝ります。
う~~~~ん???疑問
そんなんでいいのかな?
お客さんに出すものを店員一丸になって把握してなくていいのかな?
せめて厨房の人がその店員に一言伝えなくてもいいのかな?
厨房の中に一人だけセミロングのかなりボサボサの頭をまとめずに振り乱して働いている方がいて、その方の髪の毛も不潔だと思ってしまっている私にとって、店長さんのその言葉は店員への管理能力を大いに疑わせるものでした。

振り返って、私はどうなのでしょうか?
皆さんが入院日誌やこのブログにたくさん嬉しい言葉を書いて下さってますが、その言葉に甘えて自分やお手伝いの方々が皆さんに不快な思いをさせないよう十分に気を配ることを忘れていないでしょうか?
私は商売をする家に生まれ育っていません。
ですので助産院の経営は試行錯誤の連続です。
従業員(というには大袈裟ですが、お手伝いのかたがた)を使うというのも初めての経験です。
楽しく働いていただきたいという気持ちと、入院される方の喜ぶ姿を想って仕事してもらいたいという気持ちでお手伝いをお願いしています。
しかし、当然のことですが私の想いとお手伝いの方の想いには温度差があります。
それは人間として当然のことです。
私が至らない部分で、熱く助産院のことを考えてくれる部分もあるのかもしれませんし、私が思っていることがその方にとってはそれほど重要でなかったりもします。
大切なのは、お手伝いに来て下さる方と私が十分に考えを伝えあえる環境です。
病院勤務の頃は“カンファレンス”というのがあって、患者さんの状態をスタッフ全員が把握し、看護の方向を決めていきました。その中で職種の違いによりどんな関わりを持つかということも考えていきました。

助産院のお手伝いをしてくださる方が少しづつ増えてきました。
私個人のおしか助産院ではなく、みんなで盛り上げるおしか助産院になっていけたらいいなぁと思っています。

おしか助産院の扉を開ける皆さんも是非協力して下さい。
もし、おしか助産院で???と思うことがあったらどんなことでもおっしゃって下さい。
そういう???にちゃんと応えていける場所であり続けたいと思っています。

|

« お産の合間に・・・ | トップページ | 今年もありがとね。 »

コメント

はいわかりました!
…と思って考えてみたのだけど…ないんだな~。
この年齢になるとみなさんそうかもだけど、しかも私は仕事してないし人に合わせる必要?度がゼロで、思ってないことを言ったりするのが嫌で、もうすっかり媚びない毎日で。
そんな私ですが、せんせーいつも本気で投げかけてくれるから本気で考えてみたけど、なかった…。
なんかこの先思いついたりあったら、本気で、言います。
ってここで変な宣言するぐらい、おしか助産院は私にとって、家族にとって大事な場所です。
いったいいつどこで実現できるか全くわからないけれど、いつかママカフェみたいなものをやりたいという夢の芽みたいなものをもってます。ほんとにできるか、どんなふうにできるのかわからないけれど、もしいつか実現できるときがきたら、せんせーと同じように、自分とその場所を厳しく見つめられるようにしたいと思います。

追伸ですが…今日はオフ会赤ちゃん健診ありがとうございました!フヅキング、ツリーのチョコ、ずーーーーーーーっと大事に持ってました。溶けるぞ!でもほんとに喜んでました、ありがとうです!
月に一度の私のお楽しみ、来年もよろしくお願いしまーす。

投稿: マキココ | 2008年12月18日 (木) 01時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お産の合間に・・・ | トップページ | 今年もありがとね。 »