« 6月もバタバタと・・・ | トップページ | おおかみ妊婦 »

2008年7月 7日 (月)

ギャラリー化計画!?

みなさんこんにちは。

Hさん、コメントありがとう&第2子ご出産おめでとうございますhappy01
上のお子さんにだいぶ振り回されているようですね。その後はいかがですか?
上のお子さんからしたら、ママの妊娠に始まって出産による母子分離・突然現れた謎の多い“妹”という生物との距離の取り方etc・・・色々小さいなりの我慢や心の揺れがあるんでしょうね。でも大丈夫!こういう経験が一つの成長のきっかけになったりもするのですから。
我が家のオトメちゃんとイモちゃんは5歳離れているのであまりオトメちゃんに手を焼いた記憶はないのですが、もしこれを読んでいるお母様の中で同じような経験をされている方がいましたらぜひぜひHさんにアドバイスをお願いします。
そうそう、私は一つだけ・・こんな工夫をしましたよ。
それは、たとえ短時間でもオトメちゃんと二人きりの時間を作ってちょっとした秘密(お夕食前にケーキたべちゃったり・・・)してました。
上のお子さんとの時間、作れるといいですね。

ところで、相変わらずお産が続いているおしか助産院ですが、ここにも何度かコメントいただいてるマキココさんが先日出産しましたよ~~notesとってもいいお産でした。おめでとぉ。そしていいお産してくれてありがとぉ。
アハハ・・2階で今頃は休まれてるでしょう。本人に直接言えばいいのにブログを通して話しかけるとは・・・我ながらマヌケですsweat01
きっとそのうちにマキココさんがここに戻ってきて報告してくれるでしょうからどんなお産だったかは、その時のお楽しみにとっておきましょう。

今日は、少し前に私が買った詩のお話をしますね。
その日はずっとお産が続いたあとのダウン寸前の退院日でした。この前のブログで書いた熱出した日の前日です。
今年も梅干しを漬けなくちゃと急遽漬物用の樽を買いに行くことにしました。
体もダルイし、とりあえずジャンボエンチョーにだけ行ってくるつもりでした。
しか~し、私の外出をオトメちゃんとイモちゃんが見逃すはずはありません。オトメちゃんなんてしゃぁしゃぁと「ママがフラフラしちゃうと困るだろうから付いてってあげる」とまでのたまう始末。
案の定、車を出したとたんに「エンチョーじゃなくアピタにも樽はあるんじゃない?」ときました。その手にのるかと、聞こえないふりをしてエンチョーに向かってはみたもののしばらく助産院に缶詰で感覚がマヒしている上に熱っぽくて半分ぼんやりしていた私は道を間違えてしまいました。どうやらアピタに向かってます・・・。娘は恐ろしく私に影響を与えてるみたいwobbly
そして結局はアピタの駐車場に吸い寄せられるように入って行きました。
しかし、そこである出会いがあったのです。
ちょうどその日にアピタのイベント広場に路上詩人!?の“せい”さんというかたが、即興で詩を書いてくれるという催しをやってたのです。
そういうの大好きな私は、もちろん書いてもらっちゃいました。助産院用の詩です。
それがこちら
Cimg3581

なんて書いてもらったかといいますと・・・
  Dear 大切なあなたへ
   今感じている気持ち
   うれしい気持ち
   幸せな気持ち
   不安な気持ち
   すべての気持ちを大切にしてほしい
   そのすべての気持ちは
   新しい生命からの
   大切な贈り物
   優しい気持ち
   大切な気持ち
   忘れないで
  From おしか助産院

これはせいさんが私の目を見て即興で書いてくれたものなんです。
実はまだ額を買ってなくて(その時の持っていたお金が足りなくて額付で買えませんでしたcoldsweats01)、助産院の壁には飾ってないんですが、お産が一段落ついたら額を買いに行きますので、また助産院にいらしたときには見てみてください。
もちろん他の絵や一言画(?)も健在です。おしか助産院をギャラリーのようにするのが私の楽しみです。
  

|

« 6月もバタバタと・・・ | トップページ | おおかみ妊婦 »

コメント

お久しぶりです^^
Hさんマキココさん 出産おめでとうございま~す☆何か自分の事のように嬉しいです♪陣痛は本当に辛く大変ですが 我が子と出会えた瞬間 痛みと辛さが一気に吹っ飛びますよね^^
青島先生 素敵な詩ですね^^私も金曜日にアピタ行ったけどイベントやってなかったです。。。残念^^; 実は私も詩が大好きで色んな詩を見たりするのがすごく好きです。小学生の頃 私が書いた詩が学年で選ばれてぬぁんと2回も新聞に載ったんですよ。しかも顔写真付きで^^; また近いうち助産院に検診でお世話になるのでその時に 素敵な詩を拝見させたもらいますね^^

投稿: セブンchan | 2008年7月 7日 (月) 15時55分

Hさん、マキココさん、ご出産おめでとう~。新生児・・・あー、新生児・・・。ふにゃふにゃでかわいいだろうねぇ~。

そうそう、バクさん(妹)が生まれたとき、Hey(兄ちゃん)がいるところでは、「要求を先に出したもの勝ち」の姿勢を貫き通していました。兄ちゃんだから我慢しなければならないのではなく、兄ちゃんだから最優先にするのではなく・・・。

Heyのお楽しみタイムの絵本の時間、「今日はこの本にする」と持ってきたHey。5秒後に「おなかがすいた」と泣くバク。でも、泣かしておきました。だって、Heyが先に「読んで」と言ったのだから。母にしてみれば、4歳児の泣き叫ぶ声に比べたら、新生児の泣き声などというものは、BGM程度。最初は、Heyも気にも止めなかったけれど、日を追うごとに、バクさんを気にするようになりました。泣き声BGMで絵本を読んでいると、
「ねぇ、バクちゃんはどうして泣いてるの?」
「んー、おなかがすいてるかなぁ~」
「じゃあさ、Heyはおひざじゃなくていいから、おっぱいお口に突っ込んじゃってよ。そしたら静かになるから。」

そうやって、少しずつ、家族が増えたことに慣れていったように思います。・・・もちろん、新生児なんてたった一か月のことだから、このフニャフニャを楽しみたいと、母はHeyが園に行った直後から、満喫しておりましたが・・。

バクさんあと2日で、2才ですが、Heyとおやこ劇場に入会して、2か月に一度、二人っきりで「劇デート」をしています。

これ、三人目ってどうなるんでしょうかね。未知の世界です。・・・というより、親ももっとアバウトになるだろうし、子どもたちもきっとアバウトになっていくんでしょうね。まぁ、一人目からすれば、二人が三人になるだけだろうし、親より友達がいい年代に入っているわけだし。ふふ。

投稿: ぴかちゃん | 2008年7月 8日 (火) 22時57分

おおかみが来るぞ~!!

ちゃんと痛かったのになあ…下痢と吐き気もあったし先におしるしも来てたし自信あったのに…経産婦の意地とプライドが崩れ落ちた、おおかみ妊婦となりました、マキココです。光栄でございます。今は立派なおおかみ産婦となりました。
セブンchanさん、ぴかちゃんさん、ありがとうございます!
そして青島先生、オフ会入院超楽しかったです。ほんとにいいお産と入院生活をさせていただきました。ほんとに幸せ、こんないいことが私の人生に起きたなんて。先生ホントにありがとう。愛してます!ラブ!

退院してから2日間だけ、実家に帰らずにアパートにいることにしましたが、フヅキング(近所で横綱と呼ばれてますし…)は赤ちゃん(ナツキング)に折り紙やらおもちゃやらビーチボールの差し入れをせっせとし、お賽銭までし、ウンチをしたらオムツの色選びをし、お風呂に入れば「早く赤ちゃん連れてきて」と言い、泣けば「泣いてるで早くおっぱいあげてよ」と言い…姑か!と言いたいぐらいお世話してくれてます。助かってます。今のところですけどね!。近所の友人はみんな「子供がお産に立ち会うといいっていうけど、それかな~?」と言ってます。くくく…勧誘効果が出てきたかな。

おしかで洗濯していただいたものからふっとあのフローラル?ピーチ?の香りがすると「…先生っ!お母さんっ!」とおしかシックになって帰りたくなってしまう日々ですが、一ヶ月後の検診を楽しみにチビ二人と頑張ります。

それから入院中にすっかり食育までガッチリしていただきまして。人がちゃんと考えて手をかけて作ってくれて、さらに彩りや飾りまでステキにしてくれたご飯を頂くのは、とっても嬉しいことなんだなとホントに実感しました。(「七夕ソーメン」も是非アップしてね!私だけ見たらもったいない!)。そしてしみじみおいしい。誰も見てなくてもちゃんと手を合わせてじっくり食べるように自然になりました。私もこれからそういうご飯を作るぞ!。
先生にたくさんレシピを教えてもらったし、食べながらもダシや調理方を推理したりあれこれしてたけど…一つ聞き忘れたことが!
退院の日の朝食、9日、トリに葱がついてホカホカ温かくておいしかったやつ…あれは焼いてる?蒸してる?それとも?やさしい味ですごくおいしかった。聞いて帰ろうと思ってたのに!ので、教えてください~!

長く長くなりました。おしかでもブログでも、今後ともよろしくお願いしますです!

投稿: マキココ | 2008年7月11日 (金) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月もバタバタと・・・ | トップページ | おおかみ妊婦 »