« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月26日 (土)

いつの日か・・・

まゆみさんコメントありがとう。さすがにレパートリー豊かだねdeliciousまだまだいっぱいある筍の料理の参考にさせていただくね。
それにしても次男君やるねぇ。我が家のおとめチャンも小学校低学年の頃は本当によく寄り道をしてくる子でした。
ある日、あんまりにも帰ってこないのでハラハラして待っているとニコニコして帰ってきました。遅くなった理由を尋ねると、帰ってくる途中でよく声をかけてくれていたおばあちゃんのお家がお葬式をしていたとのこと。仲良し3人組のおとめチャンとそのお友達はなんと上がりこんでお線香をあげてきたそうなんです!!絶句coldsweats02
また別の日には、お散歩していた時に「ママ、このアパートね、お部屋が一つでお風呂がどこで・・・」と説明を始めます。なんで知ってるの?と尋ねると建築中に例の仲良し3人組とあがりこんで探検したとのこと・・・。さすがにそれは危険なことなんだよと教えました。
そんなこんなでおとめチャンの道草は高学年になるまで続いてました。
今思えばお葬式参加といい建築現場探検といい何もなかったから良かったんですが、その場にいた大人の方々には本当に申し訳なかったと思います。親の知らないこととはいえ、子供達の対応にきっと迷惑あり苦笑いありだったでしょうね。でもそうして社会の一端を見せてくれた大らかさには感謝です。

ところで、きょうは最近あった診察の出来事について書きます。
その方は乳房トラブルで以前よりおしかを利用してくださっている方です。
その日も乳腺炎になってしまって熱があると朝早くにお電話いただきました。ちょうど診察やら用事やら詰まっていた日だったんですが時間をやりくりして診察する時間を作りました。
そして本人来院。しかし、お乳を診察するとどうやら純粋におっぱいトラブルだけという感じではありません。話を聞いていくうちに上の子が風邪をひいていてどうやら彼女も移っているようなのです。お熱はそのせいではないかなという印象でした。とりあえず痛みを訴えるほうのお乳を診察して少しだけお乳を搾りましたが明確な詰まっている様子やシコリはありませんでした。お乳をマッサージしながら私は彼女に話ました。今回のお乳の痛みはお乳のトラブルだけが原因ではないこと・まずは風邪をなおさなくてはならないこと・そのためには薬の内服が必要なこと・助産院では薬の処方はできないこと・・・。彼女はいつもとはあきらかに違って無口で黙ったままでした。
そして診察が終わってお会計を済ませた後、今後は風邪なんかを引いているときは病院を受診してお薬をもらったほうがよいねと話ました。すると、彼女はポロポロと涙を流し泣き崩れてしまいました。
少し落ち着くまで背中をさすり話を聞くと、病院へ行かなくちゃならないことはわかっていても幼い子供達を何時間も待たせて自分が病院へ行くわけにはいかないとのこと・子供が増えて育児の負担も増えるなかで子供や自分が体調をくずしてしまい気持ちが煮詰まってしまったとのこと・体調不良は我慢できるがお乳の痛みは我慢できなかったとのこと・・をポツリポツリと話してくれました。そして最後に泣きながら「熱が下がらなくても痛みが取れなくても文句を言うつもりなんて全くないんです。先生の顔を見て話を聞いてもらうだけで安心できるんです。ここに来れば自分の気持ちが前向きになれるんです。だから無理を承知でお願いしたんです。」といいました。
私は、そんな彼女に医学的な理由を並べ立てて病院へ行きなさいと言っていた自分が恥ずかしくなりました。彼女の気持ちに応えてあげられなかった自分が情けなくなりました。
今回のことでたくさん学んで課題もまたできました。
助産師として開業しているからには、何か不快症状を持って来院されたかたの症状の改善が第一の目的で診察します。しかし、それが私のできる治療の範囲を超えた場合・・・。もちろん妊婦さんはすぐにでも病院分娩に切り替える手配をします。けれども中には、病院へ行くのがベストなんだけど病院に行くだけでは解決しない深い心の問題(育児疲労・トラウマ体験・様々な不安)を抱えてどうしていいかわからずにおしかの扉をたたく方もいらっしゃるのです。そんな方たちを安心させてあげられたら・・・。診察という形だけでなく、もっと気軽にお母さん達がおしかに来て癒される空間・育児が負担になったときにフッと肩の力を抜くことができる空間・・・そんな中についでに私もいて助産師としてだけでなくちょっぴりセンパイママとしての助言ができる・・・そういうスペースのある助産院をいつかは作りたいなって思ってます。今はまだ経済的にも助産院の大規模な拡張は出来ません。でも育児に行き詰まって涙を流しているお母さんが、今こんなふうに私が考えている間にもたくさんいるはずです。そんな方たちの笑顔を取り戻すために私ができることを常に考えていたいです。

| | コメント (2)

2008年4月22日 (火)

旬!!

セブンchanさん、としママさんコメントありがとう。
この前セブンchanさんとはお電話でお話しましたね。お加減はいかがですか?また今度の診察が楽しみです。
としママさん、大変でしたねぇ。
私も子供達には大なり小なりたくさん怪我させちゃってます。
ホント「子供の怪我は親の責任」て言葉がいつも痛いほど身に沁みました。
誰だってパーフェクトな親になんかなれません。色んな想定外のことを子供はやってくれます。そんな中で一つづつ勉強して親になっていくしかないよね。わかっている危険に子供の身をおくことは皆さんしないと思います。エッ??エッ・エ~~~???っと思うようなところに危険が潜んでいるのです。かわいいかわいい我が子です。これからも長い育児の毎日の中で今回のことがとしママさんにとって結果として大事に至らなかったよい教訓になればそれでいいのではないかな・・・flair

ところで、近況報告にいきたいと思います。
おしか助産院の4月はお産のない静かな日々が続いています。
とっても穏やかな反面やっぱりお産がないと寂しい院内ですthink
けれどもやることは結構あって、助産師会の総会用の式次第や垂れ幕を作ったり(実はちょっとだけ習字できるので毎年頼まれてます)竹の子茹でたりしてます。
竹の子はおしかの周辺の山に生えてるものをいもチャンがお友達のお家から頂いてきてくれて、掘りたてのものなのでエグミの出ないうちに茹でました。本当は米糠を入れて茹でるものなのですが、ごくごく一般家庭並みのおしか助産院に米糠など常備してあるはずもなく、ひたすらネットで検索して、米糠を入れずに茹で上げる方法に辿り着きました。
茹でる事一時間。竹の子のい~い薫りが漂い、柔らかくエグミも少ない竹の子の水煮が大量に出来上がりました。
そしてその翌日、今度は私の知り合いがまたまた山で掘った竹の子を・・・coldsweats01頂き物って断れないんですよね・・・アハハ。
その竹の子は一日経った物だったのでさすがに米糠がいるだろうと思い、近所のお米屋さんへdashさすがお米屋さん。ちゃんと米糠売ってました。しかも20円!ついでにそこで売っているおいしそうなお惣菜も買ったのでちょっと出費がかさみましたが、トータル320円で米糠ゲット!
早速診察の間2時間ほど茹でました。診察についてきたかわいいおチビちゃんが「なんかいいにおいがするぅ。コーンのにおいだよっ」って言ったので思わず笑っちゃいました。
そしてそして我が助産院の冷蔵庫には大量の竹の子の水煮が居座る事になりました。今まで作ったメニューは以下の通りです。
*定番の竹の子とわかめの煮物
*少しボリューム欲しい時に竹の子と鶏肉の煮物
*季節の味!竹の子ご飯
*この季節のお味噌汁といったら、竹の子の味噌汁
*こんなのあり!?竹の子カレー
*え~~っ、これにも入れちゃう?竹の子シチュー
*鳥のから揚げ大好きだから、竹の子のから揚げも・・・^^;
まだまだたくさん眠っている竹の子ちゃん。
しばらくは竹の子料理が続きます。
竹の子に飽きた頃にはお産になるかしら・・・・・?

では、また

Cimg3411 ←一個一個が結構な大きさですsweat02

| | コメント (1)

2008年4月13日 (日)

リフレッシュだらけ

ピカちゃんさん、ikuさんコメントありがとう。

ピカちゃんさんのご指摘どおり、あの文章を載せてすぐにグッピーが子供産みましたcoldsweats01
すご~く小さくて初めは見落としてました。オトメちゃんが発見して、でも前の子達が何にもせずに育ってるから大丈夫とタカをくくっていたら、どうも毎日数が減っているような・・・・。
そして、衝撃の瞬間を目にしてしまいましたimpact
なんと、お母さんがパクッ!!!・・・食べちゃってたんですshock
そしてそしてオトメちゃんが発見したのですが、背面に取り付けてあるフィルターの中で3匹のおチビが泳いでいるのです。アハハハ・・・coldsweats01吸い込まれてました。
ピカちゃんさんに言われたことが全て証明されました。
それからはフィルターにネットをし、おチビ達が隠れられるよう水草の位置を変え、なんとか3匹のグッピーちゃんが育ってます。
助産師としては一応合格ラインの私ですが、熱帯魚の飼育は不合格なようですcrying
おしか助産院アクア部門の行方・・・かなり危険です。

そしてikuさん、初コメントありがとう。
私こそかわいい赤ちゃん達に癒され、お母さんたちとの会話の中に明日への元気をもらう毎日です。
おしか助産院を好きになってくれて、なおかつ私との会話を楽しみにおしかの扉を開けてくださるみなさんがいるからこそ、私はおしか助産院をやっているんです。
ikuさんがくればかわいいひびちゃんのお顔を見れるし、何より私なんかよりもっともっとパワフルなikuさんの学習意欲に刺激を受け助産師としてだけではない自分探しをしようかなんて思ったりもします。でも実際のところはまだまだ奥の深い助産師の世界のほんの入り口に立っただけの私なので、いまは助産師してることが面白くて他にはあんまり深入りしようと思えないんですけどね。
また色んな話を聞かせてくださいね。

さて、近況です。
昨日から今日にかけてオトメちゃんの友達がお泊りに来ました。
小学校からのお友達で、中学校からはお互い別々の学校に進みましたがとっても仲良しできっと一生のお友達になるんじゃないかなって私が楽しみにしている子です。
私も高校の時から仲の良かった友達はいるんですが小学校からの友達はいないので、オトメちゃんの友情に便乗して楽しんでます。
昨日は彼女とオトメちゃんが遊んで5時頃に帰ってきました。
その後みんなで餃子作って、あんかけ焼きそば作ってお夕食。
そしてメインイベントは、3店舗のケーキ屋巡りをして買い集めた13種類のケーキとロールケーキ一本を4人でケーキバイキングheart04妊娠中と授乳中のみなさん、読んでたらゴメンナサイcoldsweats01
う~~ん、満腹happy02・・・の後はテレビみてゴロゴロしました。
そして今日は清水の森林公園やすらぎの森へ。山があって川があって小さな滝なんかもあって物産品屋さんがあって緑があってとってもいいとこでした。
静岡から一時間とちょっとでけっこういいとこあるんですね。
帰りはすぐ近くのやませみの湯で温泉タイムspa
いや~~~、いい一日でした。
こんなとこでおしか助産院主催のバーベキューを皆さんとやったら楽しいだろうななんて思ってしまいました。まぁ残念ながらお産のない今だからこそ行ける場所なんですがね。

そんなこんなで先週に引き続きまたまたリフレッシュの週末でした。
・・・って、リフレッシュしすぎ!?

そうそう、このブログって携帯でも見れるみたいなんですよね。
でも、私自分がパソコンから操作してるからきっと携帯で見るには文章長すぎ!!なんじゃないかな?ごめんなさいね。気長にお付き合いください。
そのうち私も携帯からリアルタイムでブログの更新をしてみたいと思っています。

では、また。
皆さんも上手にリフレッシュしながら人生楽しんでくださいね。

| | コメント (2)

2008年4月10日 (木)

お久しぶり~です

YOKKOさん、キヨちゃんさん、ぴかちゃんさんコメントありがとう。
YOKKOさんは、これから先た~~~っぷりと妊娠生活を楽しんでそしてベストな状態で陣痛の痛みさえも良い思い出となるような、そんなお産を一緒にしましょうね。御紹介したアロママッサージのサロンはおしかで第2子を出産してくださった方がやってるお店です。
おしか出産の方のお店やお教室の御案内をこれからも院内でしていけたらなと思います。情報お待ちしていまぁすhappy01
キヨちゃんさんちは少しずつ離乳が進んでますね。良かった良かった。困った時はいつでも連絡下さい。皆さんの声を聞くのも楽しみの一つです。子供のペースを大切にしながらも、親である自分の生活のペースを保っていくことは私はとても大切だと思っています。
ず~っとお乳だけの方もいれば混合栄養の方もいるし、ご自分とお子さんの状態に合わせて意図的に離乳を進めるのもありです。
私は、断乳とか卒乳とかって言葉はあまり使いたくありません。
お乳から離れる時期はお母さんとお子さん、そして御家族が決めればいいことで、何歳まで母乳をあげたからすばらしいとかミルクだからダメとかってことはないんです。私はこれからも母乳育児のすばらしさは伝えつつも、お母さんが育児を楽しめる環境を提案していくつもりです。そこには決まったルールは何もありません。
そしてぴかちゃんさん、いつもながらナイスなアドバイスありがとうございます。キヨちゃんさんへのお返事しなくちゃと思いつつ気が付いたらアクセスできない日になってしまい申し訳なかったなぁと思っていたところに、今日開通したらこのコメント!あ~~~、良かったと胸をなでおろしました。
私はかなりアバウトな方法でオトメちゃんとイモちゃんを育ててきました。
そして今もそうしています。要するに自分と子供達が心から笑顔でいられれば・・・それでいいのです。きっとぴかちゃんさんちもいつも楽しい笑い声が響いているんでしょうね。またheyさんバクちゃんと一緒に遊びに来てくださいね~。

では、そろそろ恒例の更新おさぼりの言い訳と私の近況です。
実はちょっとばかしネットの配線を変えたりしていてしばらくアクセスできませんでした。
そんなことをちゃんと御案内しなくちゃだったんですが、この前お産した方が退院されてそのあとバタバタと(いつものごとく)一泊旅行に行ってきたりしてすっかり御案内するのを忘れてしまいましたcoldsweats01
どこに行ったかというと・・・car
この頃助っ人で来てくれている新海さんのお里が山梨県だという話を聞き、とっても山梨に行きたくなってしまって行って来ちゃいました。
本当は下部温泉に行きたかったんですが、ネットで調べてみたら場所によっては携帯が通じなさそう・・・。四月はお産がもう無いとはいえ、携帯が通じることが絶対!絶対!必要な私には危険な(!?)選択は避けねばなりません。ということで河口湖に一泊し翌日に富士五湖を巡りながら身延経由で清水に出てくるプランに決定しました。
一日目は土曜日。午前の診察を終えて一時過ぎに車で出発です。
途中ワイナリーに寄ったり(もちろん試飲は無しsad)しながら宿泊ホテルを目指しました。ホテルでは温泉につかりノンビリと過ごしました。やはり職業柄ホテルの従業員の接待態度や夕食のメニュー構成は勉強になります。
ホテルのような訳にはいきませんが、おしかも少しでも居心地の良い空間を作れるよう真似できる部分は大いに真似していきたいなぁと思いました。
そして二日目の日曜日。ホテルを後にして気ままなドライブをしながら途中富士の風穴なんかに寄りながら(ヒールのある靴での洞窟歩きはチト無理ありました)身延を目指しました。
身延では湯葉を食べ、饅頭を買い、ガラス工房で吹きガラスのグラス作りを体験し、スーパーでほうとうを買って帰ってきました。お土産やさんでほうとうを買わなかったのは、新海さん情報で山梨のスーパーは当たり前にほうとうが置いてあるからお土産やさんで買うより安くゲットできるよとのことからでした。
夕方帰ってきてから、ほうとうを作って食べました。美味しかった!
でも、よく考えたらせっかく山梨に行ったのだから現地でほうとうを食べればよかったんですよね^^;

5月からはノンストップ12月までお産の予約が入っています。久しぶりの、そしてしばらくはもう行けないだろうお泊り旅行を満喫した2日間でした。
リフレッシュしたからには、これからももっといいお産・楽しい育児アドバイスを皆さんに提供できるように頑張りまぁ~す

Cimg3383 ←おさかなちゃんの近況です。
七匹の子供が生まれました。フィルターに吸い込まれる事もなく食べられちゃうこともなく育ってまぁす。ピカちゃんさん、こんなん育て方でいいかなぁ^^;

Cimg3389 ←そして、新入りのグッピーです。きれいな模様は見ていて飽きないです。

| | コメント (2)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »